Search
  • Utaco

ep.102/ 究極の選択・あなたはどっち派?

先週のエピソードでコロナによる外出規制でモチベーションが下がってなんか気分が落ちちゃってたよー

という話をしたのですが、

けっこう皆さん同じなようで、わかるよーというお声をたくさんいただきました。

そうですよね、そうなりますよね。

最初は良くても期間が長くなるとね。

私がよく観ているユーチューバーとかも、モチベーションの維持方法とか、

ストレスをリリースするアイデアとかけっこうビデオにしている人も多くて、

皆が皆、色々思うことがあって、工夫しながらこの時期を過ごしているんだなーっと思っています。


あとはね、お子さんと常に一緒、旦那さんと常に一緒という生活になって、段々ストレスが溜まってきてしまうというのも良くSNSなどで目にします。

これもね、我が家もそうですけど、最初はなんか珍しいというかね、状況が。非日常な感じがしてても、

それが長くなってくると別にスペシャルでも何でもなくて、

お互いにイライラしちゃうとか喧嘩が増えるとかね聞きます。

離れる時間が無いからね、子供とも旦那さん奥さんとも。

そのあたりも上手くバランスとってこの時期過ごしていきたいですね。


さて、今回のポッドキャストでは、

先日、第100エピソード目を迎えたこの4989AmericanLifeですけれども、

今日はこの、いままでの100回をちょっと振り返ってみたいと思います。

その他新コーナーも予定しています。

皆さん最後まで聴いてくださいね。



★これまでのエピソードの振り返り

はい、ということで本日で102回目の更新となるこのポッドキャストですが、

自分でも驚くほど続いてて、我ながらびっくりしています。

スタートしたのは、2018年の1月でした。

ということで丸丸2年、現在3年目となります。

スタートした時は不定期で更新しようと思ってたのですが、

やっぱりスケジュールがしっかりしていた方が分かりやすくていいかなーと思い、

週1回更新ということで、2018年の3月から週1回更新していて現在に至ります。

途中、体調不良や忙しかったりでどうしても更新出来ない週も何度かありましたが、

飽きっぽい性格のワタシにしてはね、ほんとに自分でもびっくりするくらい、

続いていますね。


初めは周りの私の友達や知り合いにポッドキャストを始めたことを言って、

それで聞いてくれている人10人とかから始めたのですが、

私のことを直接知らない方も聞いてくれる方がどんどん増えていって、

それが継続出来ている理由です。

本当皆さん、いつもありがとうございます。

メッセージをいただく機会も増えていて、このポッドキャストをやっていなければメッセージのやり取りを出来なかったであろう皆さんとコミュニケーションが取れてですね、

ほんとにとっても励みになっています。


ポッドキャストをアップロードするのにいつも使っているツールがあるんですが、

どのエリアの方が聞いてくださっているのかって分かるのですけれども、

現時点ではですね、アメリカのリスナーさんが一番多くて、ついで日本のリスナーさんがやはり多いです。

やっぱり国が大きくて人口も多いからか、

トータルの視聴数はアメリカが日本の倍位あるんですよ、このポッドキャスト。

すごいぜアメリカ。


当初、私と同じように海外で暮らしている日本人の方向けに

色々苦労することもあるだろうけど、ひとりじゃないよ、

みんな大変で四苦八苦してるよ。

ほら

ここに私がいるよー!

っということで話始めたこのポッドキャストですが、

去年の後半位からですかね、日本語を勉強中の日本人以外のリスナーさんも増えてきていて、


まあ、そのJapaneseスピーカーなのか、nonジャパニーズスピーカーかっていうのは

統計上わからないのですが、

今ねどのくらいの比率なんですかね。

日本人の方もやっぱり多く聴いてくれているので、どっちが多いのかとか全然わからないんですけど、

なんかすごいなぁと思って。自分の予想を超えた動きにこのポッドキャストがなってきていて、

ちょっとおもしろいなーと思います。

アメリカ以外でもですね、アメリカ日本以外も、

イギリス、オーストラリア、カナダ、ドイツ、ブラジル、台湾、メキシコなどの国から聴いてくださっているみたいで、

少数だともっと色々な国からきいてくださっているみたいで、

あー、世界中で日本の方が頑張っているんだなーとか、

お、この国にも、もしかしたら日本語を勉強している方がいたりするのかなーとか、

そんな思いを巡らせています。

さて、これまで、このポッドキャストの中で話してきた内容ですが、

一応ね、エピソード1から、お話したトピックを簡単に表でまとめているんですよ。

それを見て振り返ると、面白いです。

けっこう色々なこと話してますね。

アメリカでの毎日の生活のこととか、あった出来事とか、

こう見ると、けっこうどうでもいいことを話してますね。

なんか、あと、

あれ、この出来事、こんな前だっけ?ってこともあって、

つい最近の話だとおもってたら、

エピソード十いくつとかで、もう2年、3年近く前の事とかですごくびっくりします。。

かと思えば、あ、そんな事もあったなーって忘れてた出来事とかね、

この各エピソードで話したリストを見てるだけで、

なんかざっくりとしたアメリカ日記を見ているみたいで自分自身の。とってもお面白いです。

あとはやっぱり英語の話が多いですね。

英語のクラスの話とか、英語で悩んでいることとか、

自分なりの英語克服法をお話したりしているエピソードもけっこうありますね。

そして、アメリカに対する愚痴の多いこと!多いこと!

アメリカあるあるのコーナーは、だいたいイラっとしてますね、私。


ざっと見返した中で、

これはリスナーさんからの反響やコメントやメッセージがけっこうあったなーっていうトピックもいくつかありまして、

例えば、ほんと始めの方のエピソードで英語の話のコーナーで話した、

「スダーに負けたっていう話。」

エピソード4ですね。

これは当時通っていた英語のクラスで、

イラク出身のスダーっていうおじさんがいたんですが、

スダーの英語ってね、けっこうアクセントが強くてすごく聞き取りにくかったんですよ。

当時の私は、今よりも英語がすごくもう下手だったんですが、

自分の中ではスダーより出来てるって勝手に思ってて、

なんかちょっと上から目線でみてたんですよ。

でもある日クラスメイトから「うたこの英語は何言ってるのかさっぱりわからない」ってバッサリ言われて、

更に私の英語よりもスダーの英語のほうが聞き取りやすいって言われて、

がびちょーーーんって大敗を期したわけですよ。

あ、そんなに私の英語って伝わってないんだって凹みましたね。

それが、そのスーダーに負けたっていう英語の話のコーナーのストーリーだったんですけど、

これは初めの方のエピソードだったので、私の友達や知り合いから主にメッセージをもらったんですが、

日本の友達からは、頑張れーって応援してもらって、

アメリカの友達からは、わかるよー、その気持ち。っと同情というか、

英語難しいよねー、頑張ろうねーって励ましあった感じですね。


その後、後からこのポッドキャストを見つけてくれた新しいリスナーさんもこのスダーに負けたエピソードを聞いて、

「すごくわかります!」ってメッセージをいくつかもらいました。

そうなんですよね、

アジア人とかメキシコ人とかのアクセントは私達も比較的聞き慣れているので、

彼らの話していることはどちらかというと聞き取りやすくて、

一方でアラビック系の人とか、あとは私はヨーロッパのあたり、フランスとか、それからロシアもかな、

その辺の人のアクセントは始め聞き取りにくかったですね。

自分にとって聞き取りにくいからって、周りも同じように聞き取りにくいかっていうと

全員が全員そうではなくて、

っというかね、周りからしたら自分の英語が全然通用しないんだっていうその事実に

がっくり来ちゃうこと、

誰でもありますよね。

もっと伝わる英語を話さないと…

そう思わされたエピソードでしたね。

英語の話のコーナーだとあとは

日によって英語の調子が全然違うっていう話、

調子がいい日はペラペラスラスラなんかどんどん英語が自然に出てくるけど、

調子が悪い日はつまっちゃって全然話せないってやつ。

それとか

ネイティブの英語って、発音が綺麗すぎて(綺麗すぎてっておかしいんですけど)

で速いしネイティブの英語ほんと聞き取れないんだけど、

でも女性の声はどちらかというと聞き取りやすくて、男性の特におじさんの声が聞き取れないっていう話とか


その辺りは、調子が良い悪いがあるよーという話とか女性の声が聞き取りやすいって話、

同感〜っていうコメントがけっこうありましたね。

あ、私だけじゃないんだー同じ事思ってるの!っていうのがわかって嬉しかったです。

アメリカあるあるのコーナーについては、

アメリカに住んでいる皆さんからは、わかるわかるーあるある!ってコメントを頂いたり、

日本に住んでいる皆さんからは、え、そうなんだー、知らなかったー、面白い〜ってコメントをいただいたり、

アメリカで暮らしているからこそシェア出来る内容を色々お話出来ているんじゃないかなーと思いました。


こっちの人は貧乏ゆすりめっちゃするとか、

スーパーの駐車場に買い物カートが放置されまくっている件とか、

アメリカで売っている石鹸の匂いがきつすぎてほんと死ぬとか、

なんかもう慣れてきちゃってる感があるんですけど最近は。

やっぱりあるある話ってしてて楽しいですよね。



それから、けっこう気分が落ちている時の話とか、

スランプだーという話をしたりもしてきたのですが、

まずはこのポッドキャストで話すことで、自分の気持ちがまとまりますし、

自分の状況や気持ちをまとめてお話しするということで、次にすすめるというか、前に進めるというか、

よーし、まあ頑張るか。という気持ちになれて、

なんか逆に私が助けられてる気がしています。

あとは、ちょと落ち込んでいるよとかいうエピソードがあると、

私もそういう時あるよーとか、頑張りましょーという

励ましのコメントやメッセージをいただくこともあって、

元気をもらうこともたくさんありました。

ありがとうございます。


これからもね、

アメリカ生活、楽ありゃ苦もありで、

そういうね、

弱った時、困った時にもこのポッドキャストという場でお話をしていくことで、私が元気をもらうだけではなく、同じように

なにか困っている人とか、ちょっと落ち込んでいる人、なにかに行き詰まっている皆さんに、

皆さんの気持ちを少しでも軽くできればいいなーなんて思っています。

この4989ポッドキャスト、

実際毎週配信するって、時にはけっこう大変な時もあるのですが、

でも本当に楽しんでやっております。

目標とかね、毎年年の始めに私宣言しているんですけど、

このポッドキャストで言ったからには頑張って実行しよう!って思えたり、

あと区切りの良いときに目標見直すことでね、仕切り直して、

よーし、いっちょ頑張ろうってまた思えたり、

そういうモチベーション維持にもつながっています。

ほんとにありがたいです。


基本はね、ほんとどうしょうもないことを

語っているだけなのですが、

そして、これからも本当にどうでもいいことを語り続けますが、

皆様、これからもお気軽に聴いていただければ嬉しいです。

さて、100回超えましたこのポッドキャストですが、

今後の予定としては、

早速本日から、新しいコーナーを予定しています。

そしてインタビュー系とかゲストとかもね、

もっとやりたいと思っています。


皆さんからの、これ話してーというリクエストとか、

こんな企画どう?

っていうご提案などね、募集しておりますので、

お気軽にメッセージください。

はい、ということで今後も継続更新目指してまりますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

★究極の選択

ポテトチップスはうすしお派?コンソメ派?目玉焼きにはお醤油?ソース?犬が好き?猫が好き?

世の中にはA派かB派かで意見や好みが分かれることがたくさんありますよね。

このコーナーではアメリカ生活の中での「究極の選択」に対する私の答えやアメリカでの人々の傾向などについてお話していきます。


今日は第1回目ということで、

シンプルに、よくある2択で行きたいと思うのですが、さっきはなした説明の中でも言ったんですけど、

犬派か、猫派か

についてお話していきます。


ちなみにですね、英語で誰かにこの質問をする時は、

「are you a dog person? or a cat person?」

と聞きます。

dog person/ car personって表現、なんかいいですよねー。


で、早速。

私はですねcat personです。

ご存知の方もいるかもしれませんが、我が家には2匹のニャンズがいまして、

旦那共々溺愛しています。

うちの旦那は元々ワンチの方が好きなんですけど、

我が家で彼らニャンズを描い始めてから猫の可愛さにメロメロになっていますね。

彼は。

うちの旦那さんは両方派ですかね。


っというかこれ、全然アメリカ関係無いじゃん!って思われるかもしれませんが、

関係無いトピックではないんですよ。


アメリカって、ホント犬を連れている人が多いです。

犬派が多いという印象です。

日本もね、犬を飼ってるお家たくさんあると思いますが、アメリカも飼っている世帯数も多い思いますし、

でもね、それ以上にとにかくね、外に連れて歩いている印象があります。

散歩はもちろんですが、

どこにでも犬も連れて行く感じですね。

カフェも犬OKなところも多いですし、レストランとかビール屋さんとかね、ワイナリーのワインテイスティングとかでも犬を連れている人がたくさんいて、

テラス席とかでワンチと一緒に食事やお酒を楽しんでいる人たちが多くいます。

お店によっては普通に店内にワンチがいるような所もありますね。

小さな小型犬から大型犬まで色々です。


あとアメリカは日常的にハイキングを楽しむ人がたくさんいますが、

ハイキングにも犬を連れてきていますね。

散歩の延長って感じかもしれませんが、でも結構きつい何時間も歩くような長いトレイルや傾斜がきつい登山みたいなトレイルでも犬も一緒に歩いてたりとか、

それからキャンプにいくと必ず犬も一緒に来ている家族がいますね。

必ずいる。

というか、もう3家族に1家族は3分の1の確率で犬いるんじゃないかレベルで、キャンパーはワンチが大好きですね。

国立公園のトレイルとかはペット禁止の所が多いのですが、

州立公園とか、その下の郡の公園county parkとかはペットも大丈夫なトレイルが多いイメージです。


とにかくね、いつでも一緒、どこに行くにも一緒。みたいなね。

ほんとバディっていう感じで。

日本と比べてほんと、街で出会う人、自然の中で出会う人で犬を連れている人の比率が高いです。

一方でね、猫を飼っている人もたくさんいると思いますけどね。

基本外に連れて歩かないので見ないだけで、

私の周りでも猫飼っている友達や知り合いけっこういますからね。


でもなんだか「私ねこアレルギーで」って聞く頻度もアメリカ高いような気がするんですよね。

こっちは猫アレルギー率も高いのかな。

でもこれはですね、私が日本にいた時は猫飼ってなかったので、猫の話を日常的にしていなかっただけで、

今は猫がいるので、周りと猫トークをする機会が単純に多くてね、

だから猫アレルギーの人に出会う確率も高いってことなんだと思いますけどね。


私はねー、

犬も可愛いですよ、でもね、いやー猫。猫だと思う。かわいいですよ猫。

特にね、うちの猫たちがすば抜けてかわいい。


まず猫って、いい匂いなんですよ。

犬に比べて断然。

犬って定期的にシャンプーしないと犬くっさ!って、

わ!めっちゃ犬のニオイ!みたいな感じでクッサ!ってなると思いますけど、

猫って勝手に自分で自分のことをきれいにするから、

シャンプーもいらないですし、それなのに、超、もう超、いい匂いなんですよ。

なんでだろうね、あれ。ホントに不思議。

特にね、よく我が家のニャンちがお昼寝しててガン寝している、そのお腹に顔を埋めてね、モフモフを楽しむんですけどよく。

その時のモフモフしながらクンクンして

はぁ、いい匂い幸せ!ってなるんですよね。

それが好き。

なんであんないい匂いを保てるんだろう。

ずーっと顔をにゃんちに埋めてても苦じゃなくて、むしろ逆でずっとクンクンさせてくださいって感じなんですよ。

平和よね。猫はね、平和。

猫を観てると癒やされるというか、

基本ゴロゴロ寝てて、その姿もかわいいですし、

あとは休日の昼下がりとか

リビングのカウチで猫たちとゴロゴロする時間、もう最高幸せです。

のんびりしている猫たちの姿を見ているだけで心にゆとりが持てる感じでね。

ほんと平和ですね。


良く猫は犬に比べて気分屋で、懐かない、とか聞きますけど、

まあ犬のね、あの遊んで遊んで〜

ご主人さまー大好き〜みたいな、あの感じに比べたらそう思うかもしれませんけど、

十分、甘えん坊で寂しがり屋で、遊び好きです、猫だって。

我が家の猫たちは特になんですけど。

遊んで〜っておもちゃ持ってくるし、

なでて〜って甘えてくるし、

一緒に寝るし、

家に来た友達とかにもめっちゃ甘えてるし。

もちろんぞれぞれの性格もあるでしょうけどね。

ほんと、懐っこいですよ。


我が家の2匹の猫はですね、2匹とも性格が全然違うんですけど、

片方の猫は別の部屋に居たとしても

呼んだら来るし、

もう片方は寂しがり屋で基本みんながいる近くでお昼寝してるしって感じでね、

もうホントに、ほんと親ばかですいませんね、

ホントにかわいいんですよー。


もうね、猫派。

完全に猫派。


皆さんは犬派ですか?猫派ですか?

ということで新コーナー*究極の選択、

今回は犬派?猫派?についてお話しました。

★ 私ってどんな人?追加分

エピソード100で、皆が持っている私のイメージについてお話したんですが、

私が皆に聞くのが直前過ぎてですね、

返事をもらったのが既にエピソード100の収録後だったとか、アップロード後だった…というのが何件かありまして、

あと元々もらっていた回答で前回時間の関係でお話出来なかったやつとかもあって、

せっかく回答をもらったので、追加ということでバーっとシェアしたいと思います。

エピソード100まだ聴いていないという方いらっしゃるかと思うので、

簡単に説明しますが、

アメリカ来て出来たこっちの友達、日本の学生時代からの友達、大人になってからの友達

そういった私の友達みんなにですね、

私に対してどんなイメージを持っているかというのを質問してみました。

その結果、どういう回答が多いのか、

アメリカの友達・日本の友達、あとは付き合いが長い・短いかで何か皆が持っている私のイメージに対して違いや偏りがあるのかなどを見るという企画だったのですが、

ぜひね、まだ聴いてないよという方、

まあ私が実際どんな人なんて皆さん興味あるかっていう根本的な所が謎なんですけど、

お時間るときにでも聴いてみてください。


前回お話していない、私ってどんな人?という回答としては、

これ、面白いうける。

ミーハー。

っていう回答があって。

うける!わかってるぅ。

そうなんですよ、私ね、すごいミーハー。

ちょっとね、クールに生きたいんですけど、隠しきれないミーハーぶりがね。


それから、体力がある/タフというのもあって、

似たような回答以前もありましたけど、

いやね、体力がある…ように見せかけて私、家に帰ってきたらダラーもう動かない!状態なことが多いですからね。

あとなるほどと思ったのが、

検索王(パソコンが強い)

という答えなんですが、

確かに私、グーグル先生に頼って解決する能力に長けています。

結構昔からそうなのかな。なんでもすぐに検索をして、

ちょっとしたパソコンの問題とかが主ですけど、ちょっとしたトラブルとか使い方がわかんない系は全部自己解決しちゃうタイプなのですが、

でもねこれ、うちの旦那さんの方が私の何倍も上を行く検索王なので、ちょっとねまだ検索王の称号は滅相もないですね。

滅相もない、恐縮です…っていう答えもまだまだありまして。

面白かったのが、

ドラえもんのような人

という回答なんですが、

これは説明しますと、最初別の友達のブログに私がよく登場してまして、

そのブログの中ですごく良く私を表現してくれていたので、

そのドラえもん回答をくれた友人にとっての最初の私に対するイメージが、

「うたちゃんって、何でもさらっとこなせる人」

だったそうです。

実際に会ってそれから結構一緒に時間を過ごすようになったんですが、

その後でも、

「やっぱり何でもさらっとこなせる、おお、ドラえもんみたいな人だ!」

と思ったとのこと。なんですが、

恐縮です〜いやいやいや、何でもさらっと出来ないです。

でもそんな良い印象を持ってくれて嬉しい。

ありがとうございます。


それからね、

「有言実行」って答えてくれた人もいて、

いやいやいやいや、ほんと口ばっかなんですって私。

ただ、なぜ有言実行って印象を持ってくれているかって考えると、

私有言するその数が多いから、

数撃ちゃ当たるじゃないですけど、だから実行できてるって感じる個数も多いのかなって思います。

ちょっとしたズルですね。

印象操作のプロかも私。


これは良い答えだね。って思ったのがですね、

対応が大人(人前での情緒が安定している)

これいいね。

裏の情緒が安定していない私を知ってるからこその回答で。

人前での情緒コントロールができている、っていう、

それについて「対応が大人」っていう表現をしてくるあたり、センスの良い回答だなって思いました。

明るい・友達多い系の回答としては、

相手を緊張させない、誰とでもいい時間が過ごせる、

って言ってもらえたり、

あとすごく嬉しかったのは「一緒にに楽しく飲食出来る」っていう回答があって。

誰かとお酒飲むのもご飯を食べるのも、あとカフェでお茶とかするのも大好きなので、私。

嬉しかったですね、この回答。


外見の印象として、

エスニックな柄物を着てて、大ぶりのピアスをしているイメージっていう答えもありました。

そう結構ね、いつが全盛期だろうな、

大学の時とか?

いや、その前もだし、結構ずっとかな。

けっこうね、私、エスニック系の服装をしてたんですよ。

アメリカに来てからも減ったけど、でもエスニックまだまだ全然好きですね。

で、いつでもいつの時代もピアスは大きいです。

ピアスの主張強めの人ですね私。


はい、こんな感じで、前回、エピソード100に含めることの出来なかった答えも今回せっかくなのでシェアさせていただきました。

ほんとにこれ、他人からみて自分がどう映ってるのかって聞くの面白くてですね、

私がこうでありたいなって思っているような人物像を答えとしてもらったことも多くて、

もしも実現出来ているならとても嬉しいですし、

明らかに「そう思ってもらえてるけど、いや、絶対まだまだそうじゃないよ自分」と思うゴールに程遠いっていう回答もたくさんあったりもして、

より今後意識して、なりたい自分になる!という感じで

精進していきたいなと思いました。


改めまして、回答くれた友達、そしてフォロワーの皆様、ありがとう、ありがとうございました。

0 views

© 2018 4989 American Life