Search
  • Utaco

ep.109/ アメリカで日本人が台湾ドラマをスペイン語音声で観る

みなさん、お元気ですか?

最近気温も上がってきて、早く色々お出かけしたいなーと思う一方、

家での生活も色々充実していて、だいぶこの生活にもなれてきたな、と感じている今日このごろです。


さて、今回のエピソードでは、

ついにね、ちょっと進展があった前々からの目標?願望?についてお話したいと思っています。

皆さん、最後まで聴いてくださいね。

それでは本日もポッドキャスト、スタートします。



ついに、いやー、ついにですよ、

最近ついにちょっと一歩進んだなってことがありまして、

今日はそのお話をしたいと思うのですが

それはですね、スペイン語の勉強です。


何度かこのポッドキャストでもお話ししてきたのですが、ずっとずっとスペイン語勉強したいなって

言い続けてはや、どのくらい?

少なくとも3年は言ってて、

そもそもね、今カリフォルニアに住んでいるんですが、

カリフォルニアは南端がメキシコとの国境ということもあって、メキシコを始め中米、南米からの移民が多いんですよね。

で、特に私が今住んでいるエリアっていうのは移民やメキシコ系アメリカ人、ヒスパニック系の人ですね、が

もう、とっても多いんですよ。

この辺は野菜の畑がたくさんあって、畑で働いている人たちはそういった移民の人たちが多いんですよね。

だからスンゴイ大きい、メキシカンコミュニティだったり、ヒスパニックコミュニティがあります。


引っ越しを数回していて、まあその度に少しは環境が変わってますが、

今現在住んでいる町、アパートはもうすぐ3年となになるんですけど、

この辺りもスペイン語を話す人達がとっても多くて。

そう、でね、どこにでも特定の地域からの移民が多いエリアってあると思うんですけど、

私が感じるこのエリアの他とは違うところって、

スペイン語スピーカーのコミュニティが大きいがために、彼らは英語を話せなくても生きていける状況になってるんですよね、


スペイン語だけで日々の生活、なんら困らない状況なんですよ。

例えば、まあ日本人だって、日本人の集団の中で生活していたら、いつでも助けてくれる人もいるし、どうにかなるんですが、

この辺りのスパニッシュスピーカーに対するサポートってマジで、手厚くて、

例えば病院とか、私全然普段病院行かないタイプなので困ってないんですが、

こどもがいる日本人の友達とかいつも大変って言ってて、

聞きたいことメモっていったり、先生の話書き取って後からしっかり調べたり、

コミュニケーションもスマホとか駆使して頑張ってたりして、

まあ、大変ですよね。

一方でスペイン語に関しては、この辺りの病院は間違いなく、受付から診察までスペイン語で問題ないし、

まあドクターがスペイン語話せないことはあると思いますが、

看護師の少なくとも半分はスペイン語・英語のバイリンガルだと思います。

そう、だから問題ないんですよね。


病院だけでなくて、だいたいのことがスペイン語で大丈夫です。

他の例だと学校とかも、

これまたね、友達の話を聞いていると、

アメリカに来てはじめの頃は、こどもも英語わからないし、お母さんも流暢ではない状態で、

担任の先生とコミュニケーション取ったり、行事の準備したりなんたりってすごく苦労すると思うんですけど、

この辺りの学校は事務室には間違いなくスペイン語話せる人いるし

先生もどのくらいかね、比率はわかりませんがスペイン語話せる人が多いです。

私の旦那さんは学校の先生をしているのですが、保護者とのミーティングは必ず通訳ができる人が同席しています。

すごく親切じゃないですか?

英語で自分も苦労してたりね、こういう学校の事で頑張っている友達とかいる立場の私から言われてもらうと、

ちょっと甘いんじゃない〜なんて思うくらいです。


銀行だってスペイン語で問題ないし、市や町の役所系も必ずバイリンガルの職員がいるので、

もうね、英語を使う必要がないんですよ。彼らは。


その結果、ほんとに英語を話さない人がたっくさん。たっくさんいます。

で、それが良いか悪いかとか、その辺は別に本日の議題ではないんですが、ま、こういう環境の中で生活しています。


でね、ふっつうにスペイン語で話しかけられることがあるんですよ。

こんなめっちゃアジア人に向かって、スペイン語で話しかけてくるんです。


普段外出先でも話しかけられることあるし、

あと我が家が、うちのアパートの中でも端っこにあって、

なんかね、人が訪ねてきやすいらしくて、

そう、しかもうちのアパート23部屋あるんですけど、部屋の配置がわかりにくくて、

初めて来た配達員とか友達の家に遊びに来た人とかは必ず迷ってるんですが、

そういう迷える子羊たちがね、なんかよく我が家のドアをノックして、

すみませーんって来るんですけど、英語を話さない人も多くて、毎回ごめんなさースペイン語わからないんですーって言ってごめんねするんです。

ま、あと色々な勧誘で来る人とかも、はなからスペイン語話す人だけをターゲットにしている人たちも多くて、

スペイン語でバーっと話しだす人も少なくないです。


それからお店、メキシカンスーパーとかメキシカンレストランとかたくさんあるんですが、

商品の表記とかもスペイン語だし、

流石に店員さんは英語も話しますが、中にはスペイン語だけ話すスタッフの人もいて、

もうここはアメリカなのか、メキシコなのかという感じです。


ということでね、そんな環境にずっといると、

最初の方は私も英語にいっぱいいっぱいだったのであれでしたけど、

何度考えても、やっぱりこれはスペイン語を習得すべきなのではと思ってですね。

英語も満足に話せないのに、別の言語なんて〜って思われるかもしれないですが、

このエリアに住まなかったらスペイン語にこんなに興味もわかなかったし、

アメリカに来てから思うのは、世界には、とくにヨーロッパの人とかに多いですが、

母国語と英語っていうのはもう普通なことで、

プラスで他にも何ヶ国語も喋れる人がたくさんいて、

なんかすご~いって思ってて。


ゼロからペラペラになるのはめっちゃ時間かかると思いますし、

まず私がペラペラにならなきゃならないのは英語なんですが、

片言ですがスペイン語話せます!くらいにはなりたいなって思いまして。

そんな気持ちからなんですが。


普通に住んでいるだけで、簡単なフレーズや挨拶、モノの名前とかは覚えて、

もう勉強を始める前の段階で、スペイン語は私にとって英語以外で一番知っている外国語だったんです。

中国語よりも韓国語よりも。

なんか面白いですよね。

アメリカに来る前まではHola, Amigo, Tacosくらいしか知らなかったのに。


で最初は独学でユーチューブ観たりスペイン語学習サイト覗いたり、

お友達にいらなくなったスペイン語勉強の本もらったりしてトライしたんですが

全然続かなくて。

やったり、やらなかったりで、かれこれ3年位経つんですが、

毎年今年はスペイン語やる、今年こそはやるなんて言ってて、続いていないっていうね。

唯一、You Tubeにあったスペイン語のビギナーフレーズっていう30分間ひたすら基本のフレーズをスペイン語と英語で流している動画がありまして、

それをたまーに聞いてて、だいぶ覚えたなって感じでした。

覚えたっていっても、細かなことはわかって無くて、丸暗記ですけどね。


スペイン語を勉強しようと思っていて、何にずっとつっかかっていたかというと、

文法難しいんですよ。

いや、スペイン語に限らないと思うんですが、zeroからの語学習得って、マジ難しいですよね。

英語とは全然違う。

日本人って、中学高校って英語やってきたから、どんなに英語話せない人でも、ある程度の単語は知ってるでしょ?

日本語には外来語も多いしね。

その基礎ってホント大事なんだなって改めて思って。


全然わからないんだから。ほんとに。

文法も日本語とも英語とも違うし、

まずね、男性名詞、女性名詞があるし、それからI you, he/she, we, theyそれぞれで動詞の形が変化してくしで、

難しんですよ。

フレーズ丸暗記で、わー、覚えたーって思っているくらいなら楽しいけど、

いざ動画を観たり、テキストを開いて文法を理解しようとしても

全然入ってこなかったんです。



で、今年の年明けから、

ついにスペイン語のクラスを受けることにして、

それが町のアダルトスクールっていって、大人向けに色々クラスをやっている場所なんですが、

そこのスペイン語1を取り始めたんです。


このポッドキャストでも前に話したんですが、

勉強になることは多くて、色々なことを学んだんですが、

やっぱり初心者過ぎて、訳わからなすぎて、一応毎回授業には行っていたんですが、

なんとなくいる、みたいな。

初心者クラスでもみんなのレベルはバラバラで、まあまあわかる人もいるわけで、

そんな中、ほんっとにパッパラパーの初心者の私は、一応受けてはいるものの、ついていけてないっていうのが正直なところでしたね。

もちろん語彙とかね、基本的な文法、初心者クラスだったので簡単な文しかやってないですけど、

クラスを受ける前よりも習得

してたんですけど、

ほんと、最初の触りの部分を、文字通り触っているって感じで。


宿題とかも一応やるんですが、宿題だからやるっていう状態で、

なんか自分から知りたい!とか、覚えたいって気持ちがあんまり無くて、波に乗れないっていか、

そんな感じでした。

それでも、まあこれからもっと色々勉強してくぞって思っていた矢先に、このコロナのパンデミックになっちゃって、

でクラスは休講になってしまったという流れがあります。


というね、私のこれまでのスペイン語習得の道だったのですが、

このまま萎んでいってしまうと思われたスペイン語勉強、

なんかね、ここにきて、急にやる気になってるんです。


はい、引き続きお話していきます。


はい、通い始めたクラスが中断してしまって、

スペイン語へのやる気を失いつつあったんですが、

そのスペイン語クラスの先生がですね、週1回、オンラインでZoomでですね、無料でクラスやるから受けたい人はウエルカムよっていうメールをくれて、

どしようか迷ったんですよね。

もともとあまりついていけないのに、オンラインとか大丈夫かなーって。

で、オンラインとかってなると、スペイン語についていける云々の前に、英語大丈夫かなって心配とかも出てきちゃって。


でも基本何日か前に授業で使うプリントをメールで送ってくれるから予習できるし、

受けてみようかなって思って、

で、受け始めました。


簡単なストーリーがあって、それを一人ずつ2,3行を声に出して読んで訳してってやっていくんですが、

これがね、すごい難しいし緊張するし、大変なのですー。

でもどうにかやっているんですが、

この前、超ピンチだったのは、先生が忙しかっただか忘れていただかで、

授業で使うプリントが事前にメールでもらえなかったんですよ。

だから予習ができず、ぶっつけ授業だったんですが、

全然わからない〜ってなりました。

わかってるはずの単語も、いざ急に当てられて答えるってなると、出てこないんですよね〜。


ま、まずそんな感じで最近スペイン語のクラスをオンラインで受けてるんですが、

これがね所謂きっかけというか、

オンライン一緒に受けている人たち、みんな私よりもできるし、

クラスメイト中の1人に比較的若い女の人、私と同じ位か、もしかするともう少し若いかも。

がいるんですけど、

すごくできるの。読むのもすごく上手だし、語彙力もあるし。

こんな事いったらあれですけど、もともと通っていた時のクラスは平日の昼間のクラスだったので、

リタイアしたシニアのおじいちゃんおばあちゃんが多くて、(おじいちゃんおばあちゃんっていうと年寄りに聞こえるけど、みんなピンピンしてますけどね。)

でも、まあとても年配の方が多くて、それはそれで全然たのしいんだけど、

でもやっぱり歳の近い人で目標となるような人を見ると、

あー、私もああなりたい、頑張ろうって思うというか。

ほら、私本当に影響されやすいんで。

それで、もっと勉強しよーって思いが出てきて、


で、急に難しい事やっても続かないので、

楽しく何かスペイン語に触れようって思って、となると、私の場合もう一択。

コナンだ。と思いまして。

そう、私名探偵コナン好きで同じエピソード何度も観てる程なんですが、

うまい具合にYou Tubeとかにスペイン語オーディオのコナンが転がってないかなーなんて思って観たんですけど、

そんな簡単にあるはずもなく、

コナンをスペイン語で観る作戦は早々と終わったんですけど、

その流れで、You Tube色々観てたら、

台湾のドラマがスペイン語オーディオであって、なんとなくちらっと1話目観たらなんか行けるかも!ってなったんです。


これまでも、スペイン語のクラスでもメキシコとかのドラマを勉強のために見るといいって先生とかも言ってて、

メキシコって日本で言う昼ドラみたいなソープ・オペラっていうんですが、そういうのがあって、

よくうちの周りのコインランドリーとかで流れてたりするんですけど、

あんまり難しいドラマとかだと理解できないから、そいうソープ・オペラを見ると良い!ってね、勧めてもらったことがあって観たこともあったんですが、

なんか話が入ってこなくて、多分文化が全然ちがうからか、何なのか、理由はわからないんですが、

でも、その台湾のドラマはなんか理解できたんですよ。


その台湾のドラマも、昼ドラさながらの、もうベッタベターな話で、1話目観ただけで、こりゃベターな展開だろうなってわかっちゃうレベルのベタさだったんですが、

あのー、頑張って貯金をしているお金あまりないOLが、会社の社長の息子とヒョンなことから出会って、

その息子は勉強のためにその会社で社長の息子ってことは伏せて働き始めて、

配属された部署がその主人公のOLがいるところで、

「あー!あの時のー!あんたこんなところで何やってんのよー!」みたいな。

で、ちょっときれいな花形部署のライバル出現!みたいな。


多分そいう展開が読めるからなんとなく理解できたのもあるし、

台湾って日本と似てるから、動作とか考え方とか、会社の上下関係とかね。

だから見慣れてる感もあって良かったのかと思います。最初台湾のドラマって知らなくて、

ドラマ内で出てくる看板とか書類の文字とか中国語だったんですけど、

服装とかね様子で、あ、これ台湾のやつだってわかって、

ちょうど今仲いい友達も台湾人だし、話題の一つにいっちょ観てみるかってなりました。


もちろん、キャプションは必須で、ただリスニングしているだけじゃ何もまだ理解できないレベルですけど、

でも文字を追って観てると、

あ、この単語知ってる、あ、このフレーズ聞いたことある!っていうのがたくさん出てきて、

で不思議なのは、私普段は全然恋愛ドラマとかラブコメ系のドラマって好みじゃなくて見ないんですけど、

ホント不思議と見続けることができて、料理しながらとか、寝る前とか、

基本1話を2回づつくらい見て、合計23話くらいあったのかな、2週間かからないくらいで観終えました。


ただボーッと観てる事もあれば、わからない単語を調べながらノートに書きながら観てたりもして、

ガッツリ勉強するっていう温度ではないですが、せっかくならちょっと語彙上げていきたいなー的な。

でね、そのドラマのすごく良いのは、本当にシンプルなベターな展開で、

シーンもオフィス、家、がほとんどで、

どういうことかというと、同じような単語やフレーズがめっちゃ繰り返されるんですよ。

だから少しずつではあるんですけど、覚えることができて、

覚えられなくても、あ、聞いたことあるーみたいな。

その感覚ってとっても大事で、ほんとに何もわからないと雑音になっちゃうんですよ。

英語でもその経験ありますし、今でも難しい内容の英語とか聞くと意識が遠のいて、もはや雑音ってなっちゃうんですが、

スペイン語とか、基礎がない言語はホントに最初雑音で。

その雑音から一歩前進した感が出てきたのが、とても嬉しかったです。


そう、この前調子に乗ってネットフリックスでデスノートをスペイン語で見ようとしたんですが、

速攻でギブアップしました。

喋るの早いし、内容ムズカシイしで。

いかにその偶然見つけた台湾ドラマが奇跡的な発見だったかっていうことがわかりました。





でね、1週間ちょっと前くらいかな、

その時、台湾ドラマまだ観ている途中だったんですけど、

あのですね、ついに、

アハモーメントというか、なんかね、一段登った感覚を得たんです。


ぜんっぜんまだまだですよ。

知ってる単語まだまだ全然少ないし、グーグル先生命だし、

初見の文章とか簡単でもつっかかりながらしか読めないけど、

あのね、文法とか、仕組みとか、すっと入ってきたというか、

なんか、あ、こういうことか。

ってことは、こっちの文章はこうなるってこと?はああ、そうか、なるほど。

みたいな。

最初に話しましたが、最初ゼロからちょっと勉強しようかなって動画観たりテキスト開いたりした時は、

情報量が多すぎて、

一応理解しようと頑張るけど、全然頭に入ってこない状態だったんですよ。


で、スペイン語クラスに通い初めて最初の方もそう。

全然覚えられなくて、

動詞が主語によって変形してくのも、一応ルールがあるんですけど、そういうのも全然入ってこなかったし。


でも急にある日、授業のプリントとか観て、

あ、またこの形出てきた。あ、この文法こうだからこうなってるんだ。

みたいな、ちょっとわかるようになってきたんですよ。


なんかさ、一旦わかってくると、

じゃあ、これはなんで?これはどういうこと?みたいな感じで、

自分から色々調べちゃったりして。

なんかもうね、明らかに頭の中が整理されてきた感覚があって。

ただ丸暗記だった、情報をどばーっと詰め込もうとしていた頭の中に、

整理するためのボックスとかツールとか、この場合必要な基本的な文法とか語彙とかなのかな、

が揃ってきて、

整理でき始めてきたって感じです。


すごくない?

いや、この一段階、すごいのよ。

すごいんですよ。私の中で。


今まではちょっと、文法のこととか観てても、

どうせ覚えられないし、全然頭に入ってこないし、意味のない時間だったんですよ。

でもね、今は、あ、そうなのかってなるの。


ずっと前から聞いてるスペイン語ビギナー基礎フレーズの30分の音声も、

今までは丸暗記してたんですけど、

今改めて聞くと、あ、これは主語が私だからこうなるんだ、

これは過去形だからこうなってるんだとかって、

構造を理解できるの。


ちょっと完全に一皮むけたんですよ。


最初何がなんだかわからなくて、ちょっと苦痛でさえもあったけど、

じっと耐えて続けていると、

こういうことがあるんですよね。

耐え続けてってほど私の場合はやってないですけど。



で、更にスペイン語のためにはじめたのは、

Spanish 101podcastっていうポッドキャストを聞き始めました。

これも、一番ビギナー向けのエピソードを聞いているだけなんですが、

本当に基本的なことを英語とスペイン語で説明しているやつで、

前だったら、

こういうことを説明されてるっていう、そのトピックはわかっても、

単語とか文法自体は全然頭に残らず、聞いてても楽しくない感じだったんですが、

この前聞いてみたら、

ほう、そういう言い方もあるのか、なるほど、これはこうか。

って感じることができて、もう嬉しくて。


こりゃあね、ちょっと波に乗ってる感じですね。

この流れを大切に、ちょっと基礎スペイン語を習得していきたいなと思ってまして。


タイミングよくね、英語のESLのクラスメイトのメキシコ人のGINAとこの前連絡先を交換したんですよ。

前回の授業が今学期最後の授業で、

そしたらGinaがkeep in touchしたいから連絡先教えて!って言ってきてくれて。

で、私がスペイン語勉強中のこと知ってるから、スペイン語でテキストしてくれて、

友達とのやりとりとなると、

授業に出てくる例文とかお話とかとはまた別で、よく使われるフレーズとかも違うから、

スペイン語で気軽に連絡できるのも嬉しいなーって思ってます。


Ginaとやり取りはじめて、

そうそう、私が話せる様になりたいのは、こういう友達とかとの日常のちょっとした会話をスペイン語でできるようになりたいんだ!って改めて思って、

だからね、あのー、language exchangeアプリっていうの?に登録して、

スペイン語ネイティブの人で日本語を勉強したい人とテキストのやり取りもはじめました。

まだ始めたばっかりで、そんなにたくさんやり取りしていないんですけど、

やっぱ一人ではなくて何人かとやり取りすると、

同じような表現が出てきて、あ、また出てきたってなって覚えることができる気がします。


なんか調子にのって急に色々なものに手を出しているので、

こんなに熱く語ってたのに疲れちゃって続かない〜とかってなるかもですけど、

いやでも、

あのー、やっぱわかったのは、

英語の勉強の話でもこのポッドキャストで何回か話してると思うんですが、

授業だけ、とか、英語でスペイン語でテレビを観るだけとか、

その1個の方法だけで勉強するんじゃなくて、

複数の情報元からインプットするってとても効果的だなって、改めて思いました。


例えば授業である単語を習って、

その時はふーんくらいに思ってても、家で観てたドラマで同じ単語が出てきて、

あーーーーーー

これ今日やった単語だ!ってなって、

その後に読んでたネットニュースにもまた同じ単語が出てきて、

え、また出てきた。めっちゃよく使われてる単語やん!ってなって覚えるっていう。

不思議なことに、授業でその単語をやる前からも、きっと何度も目にしている、耳にしている単語だったと思うんですけど、

授業中にやったっていう、のがスイッチとなって、

急に目に留まるように、耳に入ってくるようになるんですよね。


何がスイッチになるかわからないので、

やはり、日頃からバラエティに飛んだソースからのインプットをね心がけたいですね。



いやー、私のスペイン語ブーム、ちょっと少し話せるようになるまで続くといいなー。

ペラペラなんて贅沢なことは言わないので、

英語でいうと中学レベルくらいでいいので、基本を、

英語が話せないメキシコ人とコミュニケーションが取れるくらいまで、

なんとか習得したいなー。


あのリスナーさんの中には日本語を勉強されている方も多いんですが、

日本人以外にとって日本語もほんとゼロから

基礎ゼロからのスタートですよね。

このポッドキャストをそれなりに理解してるってことは、けっこうすごいですよね。

どうやってそこまで来たんだろう。


ほんとに、英語を勉強するとはちょっと違うんですよね。

基礎知識がない言語を勉強するって。

あのー、言語勉強の先輩方、どうぞ私にアドバイスをくださいー。

皆さんメッセージお待ちしています。



とまあ、長々話してきましたが、

あくまでも私の優先順位としては英語ですが、

スペイン語に関しては、全部英語で勉強をしています。

授業はもちろん英語ですし、

辞書もスペイン語⇔英語の辞書を使ってて、文法とかルールの解説も英語のサイトを見ています。

これがね、英語の勉強にもなるんですよ。

なんてったって、辞書で調べても、出てきた英語がわからないとかあるからね。

そんなこと言ったら、英語の単語を日本語に辞書で訳しても、

その日本語すらなんか難しくて理解できないとか私時々あるからなー。

でも、とても良いです。

言語だけに限らず、英語で何かを習う、勉強するって、とっても英語力アップに役立つと思っています。


あとはそのlanguage exchangeのアプリとかでも

スペイン語と日本語だけだとお互い初心者過ぎて話が進まないこともあって、

そういう時は共通語の英語で説明付けたりもしていたりとか、

聞いてるポッドキャストも英語スペイン語での解説だし、

スペイン語をやっているときも英語を使う頻度が多くて、英語にも触れられています。

0 views

© 2018 4989 American Life