Search
  • Utaco

ep.112/ アパートのインスペクション

先週は更新をお休みしまして、2週間ぶりとなります。

気づいたら6月も半分以上過ぎて、本当に今年は前半の大半をずっと引きこもってたこともあって、

すんごい速さで日々が過ぎていきます。

なーんにも、ほんとにな~んにもしてなくて、あっちゃーやってもうたー感が激しいです。

やってもーたーっていうか、やってもうたーって後悔できるような事も何もしてないっていう、

ほんと、空白のこの3ヶ月になってしまいました。

私の住んでいるエリアでは、やっと少しずつ色々なことが再開しつつあって、私のスケジュールも動き始めてます。

まだまだ気をつけて生活をしなければならなくて、できないことも多いのですが、

それでも動き始めていて、みんなできることをできる形でってやっていて、

私もいつまでも引きこもっていても仕方がないですし、やっていかないとですね。

でもねー、それがねー、なんともやる気が起きなくて、本調子ではないんですよね。でもこのままではだめなので、

なんとかね、調子を上げていきたいです。


さて、本日のエピソードでは、先日我が家を大掃除したお話をしたいと思います。

その他英語の話、究極の選択のコーナーも予定しています。




★インスペクション

先日、住んでいるアパートのアニュアルインスペクションがありました。

アニュアルインスペクションとは、アニュアル「1年に1回」のインスペクション「点検」なんですが、

アパートのマネージメント会社の人が家の中を一通り見て回って、

大きなダメージや問題がないかをチェックします。


これって日本でもありますっけ?アニュアルインスペクション。

私日本に居た頃は引っ越し王だったので、1つのアパート何年も続けて住んでなくて、

不動産屋さんが家の中見て回るなんて記憶がなくて。

どうですっけ?

アメリカのアパートでもマネージメント会社、というかね、そのアパートを所有しているオーナーの意向とかもあるんでしょうね。

うちの旦那いわく、レントがあがるとか新しいコントラクトになるとか、何かあるんじゃないかって。

こわー。

私が住んでいる地域は、賃貸アパートの家賃の値上がりが激しいんですよ。

アメリカもね、家賃が激高なところたくさんありますけど、サンフランシスコとか有名ですよね。

まあサンフランシスコは激激激高で、少し下のシリコンバレーIT企業がたくさんあるところですね、シリコンバレーも激高なんですよ。

我が家はサンフランシスコからはだいぶ南、シリコンバレーからは1時間半くらいかな、南にいったところに住んでいるんですが、

この辺りのエリアもね、そのサンフランやシリコンバレー、ベイエリアと呼ばれる地域の家賃激高の影響を受けて、

激高なんですよ。

サンフランシスコが高いとかはわかるんですよめっちゃ都会だからね。ベイエリアもね、会社たっくさんあるし、

まあみんな稼いでるだろうし。

でも私が住んでいるところって、まあ一通りのお店もあるし海も山もあって良いところだけど、

畑ーって感じだし、そんなめっちゃ栄えてるっていう雰囲気でもないんですよね。

海辺の観光地の周辺はおしゃれなお店とかもあるけど、我が家のアパートがあるところはうーん、おしゃれからはちょっと程遠いわ。という感じですが、

それでも家賃

高いです。

我が家にとってはですけどね。

でもね、この特に都会!って感じでもないこのエリアの家賃、我が家は古い1ベッドルーム1リビングルームなんですが、

同じ金額出せば、普通に都内で2DKに住めますからね。

ほんと、謎に高いこの辺りのレント、悩みのタネです。

って、なんでレントの話になったんですっけ、あ、そうインスペクションだ。


はい、今のアパートのインスペクションは昨年に引き続き、これが2回目だったんですけど、

インスペクションをしますよーというお知らせが届いて、

そこから5営業日以内で良い日付と時間を連絡してくださいーっていう内容だったんですが、

私達夫婦、そんなに整理整頓、掃除が得意ではなくて、

大きく何かを壊したーとか、カーペットに大きなシミがーーーとかはないんですが、

常にごちゃごちゃしているタイプで、


まあインスペクションをするとしても、あくまでもマネージメント会社の人がダメージ系を見に来るだけで、

大事なお客さんが来るわけではないので、ピカピカにきれいに整っていなくてもいいんですけど、

そこはね、なんか一応ちゃんと生活していますよ、我々。ってところを見せておきたいじゃないですか。

だからインスペクションの日が決まってから大掃除をしまして、


大掃除って、日本だと年末にやりますよね。

アメリカだとスプリング・クリーニングっていって春が大掃除の季節だったんですよね。

今年はコロナで自粛してたので、みんなその自粛期間を使って大掃除した人もいるんじゃないでしょうか。

そんな中、私達は年末にも春にも特に大掃除していなくて、

更に、前回のエピソードでもお話しましたが、日本に帰ることになるかもーならないかもーって言う状況なので、

断捨離ね、物の整理を始めたほうがいい…っていうこともわかっているんですけど

特にしてなくて、

ま、とにかく全然大掃除、整理系をしていなかったんですが、

今回のインスペクションが良いきっかけとなって、掃除しましたー。


リビングに大きなラグを引いているんですが、

なんかそのインスペクションについてのお知らせの中に、大きなラグなどはどかしてもとのカーペットが見えるようにしておいてくださいっていうのがあって、

だからラグを外に出したんですが、どうせ外にもってったんなら洗っちゃおうかってなって、

ラグを水洗いしたり、

日本と同じで賃貸の場合は壁の穴とかにうるさいので、その辺りもきれいにしたり、

あとはバスルームのカビとかも厳しいので、きれいに掃除したりしました。

キッチンも、普段からものがごちゃごちゃしてるんですが、これを機に使ってないスパイスを処分したり、

物の置き方を変えて使いやすくスッキリさせたりしました!

いやー、いいよね。片付いているって

気分いよね。

私もきれい好きに生まれたかったわー。

あとは服も整理して、もっとね、本当は整理したいんですが、

今はそんなに頻繁に人と会うってこともないし、夏以降の生活も見えないので洋服もね状況によって変わるので

ひとまず様子見です。


そんなこんなできれいになった我が家ですが、

こういう大掃除になるとうちの旦那さんがとても活躍してくれて助かっています。

普段は、まあ夫婦どちらもズボラなんですが、私の方がまだマシかなーなんて思ってますが、

ガッツリ掃除するぞって言うときは、旦那さんの方が徹底してて掃除上手です。

助かります。ありがとう。


ひとまず、できるだけきれいな感じを保とうということで合意しているので、

せめてこの夏中は、

ごちゃごちゃな我が家に戻らないように頑張りたいですね。

はい。

イヤー無理かなー、厳しいかなー。

使ったものは元に戻す、これに限りますね。洋服はランドリーバスケットへ。


そう、そういえば、

こんなに、私達的には結構掃除を頑張ったんですが、実際のインスペクションは

さーーーーーーっと家の中一周して、数分で終わりました。

ショック!いや、いいんですけどね。

その日私は外出をしてまして、旦那さんが対応してくれたんですが、ほんとに一瞬で終わったらしくて、

がんばってきれいにしたのにーって感じでしたが、

まあきれいだったからこそ、この家は大丈夫だって感じですっと終わったんですかね。

うん、そう思うようにします。


はい、インスペクション、実際はそんなに細かなところまで見ないかもしれないんですが、

でも何か言われても嫌なので我が家は、できる限りの準備をして望むスタイルなんですが、

今回のように、あっさり終わったとしても、

結果家の中がきれいになるので、

始めはね、げ、またインスペクションかー、面倒くさいなーって思うんですが、

良い大掃除の機会だということで、

良かったかなーと思います。


はい、ということで今回はこの前あった、うちのアパートのアニュアルインスペクションについてお話しました。

賃貸に住んでいる皆さん、日本でもアメリカでも海外でも、

こんな感じで管理会社の人が家の入ってくるインスペクションはありますか?

ぜひ教えて下さい。





★英語の話のコーナー


アメリカ生活とは切っても切れない

大きな大きな壁、

英語についてお話しているコーナーです。


今日はですね、最近観ている英語学習系のユーチューブチャンネルについてお話したいと思います。

ニック式英会話というチャンネルなんですが、皆さん見たことありますか?


ニック先生というイケメンがですね、英語を教えてくれるチャンネルなんですが、

友達に教えてもらって観るようになったんですけど、いいんですよ。

何がいいか、

そう、第一に、イケメン。ニック先生、かっこいい。好みです。

なんかねー、爽やかなんですよ。

結構な経歴を持つ、もう渋めちょいワル世代だと思うんですけど、爽やかなの。

そしてね、いつも着ているお洋服のセンスが爽やか。

かっこいい。

ほんと、

これね、第1のポイント。画いとね、やっぱり見たくなりますからね。


で、あんまり詳しくニック先生のこと存じ上げないのですが、

都内に英会話スクールを持ってて、英語教育の分野でかなり長く経験があって本も複数冊出している、

すごく活躍されている方のようなんですけど、

ユーチューブのビデオはとってもカジュアルで、気軽に観ることができます。

で、教え方が私からしたらけっこう新しくて、

文法をまずテンプレートで覚えて、

そのテンプレートに色々な単語を当てはめていって文章のバリエーションを増やしていくっていうスタイルです。

あ、これなら覚えられそうって感じがすごくします。

あとは紛らわしい表現の使い分けや、置き換え〜とって、この部分を置き換えるとたくさん応用できるよ。みたいなやつとか、

リスニングにも力を入れていて、人気のドラマや映画からひと場面切り取ってそれをビデオ中で解説したりしています。

リスニングについても、なんで聞き取れないのか、それはこの単語とこの単語がつながってこうなってるから…

という感じで詳しく解説してくれてわかりやすいです。


Youtubeチャンネルの説明書きには初心者から中級者におすすめと書いてるのですが、

ほんと、初心者の方が見てもわかりやすいし勉強になると思いますし、

私くらいある程度話すレベルの人でも、

ずっとなんとなくで使っていた表現とか、はっきり理解してなかったけどまあいいか、となっていた文法とか、

その辺りクリアになります。

あ、そうか、そういうことだったのか、みたいな。で応用の仕方を教えてくれるので、

会話のバリエーションが広がると思います。

前も何度か話したことあるんですが、

ある程度勉強したり経験したりで話せる様になった時点で、再度基本的なところに戻ると、

一回目それを勉強した時には気づかなかった細かなところに気づくことができて、より深く理解できるんですよね。

私はこの、ちょっと前のレベルのものを復習してみて、より理解するっていう作業が結構好きで、


私は何でもなあなあにやり過ごしてしまうところがあって、

というかね、英語とか言語学習って始めから全部わからないところ、つっかかったところを調べて理解してっ進んでいたら

時間がかかりすぎていつまで経っても広がっていかないじゃないですか。

だから骨組みは理解しつつ多少不明瞭なところがあっても進んでいくと思うのですが、でもその不明瞭なところも追々しっかりと理解したほうがいいわけで、

なんとなく…ではなく、はっきりと、お!わかった!理解した!ってなるのがいいですよね。

ちょっと何言ってるのかわからなくなってきましたが、

その不明瞭だったことをクリアにできる方法の一つが、私にとってはニック先生のビデオです。

そう、だから何がいいたいかと言うと、初心者の方にもいいし、中級者の方にもおすすめのユーチューブということです。


後ね、最大のポイントは、

ニック先生のユーモアのセンスね。

いや、ここ数ヶ月ユーチューブで観ているだけだから、どんな人なのか知らないんですが、

見た目ね、爽やかだし、頭良さそうだし、ッテ感じなんですが、

ちょいちょい挟んでくるボケとツッコミの数々がね、ププってなるんですよ。独特のセンスがあるんです。

具体例が今思い浮かばないのがちょっと申し訳ないですけど、

ほんとにおすすめです。ププってなります。


で日本語が超上手なんです。ペラペラなの。

日本語を巧みに操るニック先生のユーモアのセンス、ぜひ見てみてください。おすすめですー。


はい、ということで今回は最近観ているおすすめの英語学習Youtubeチャンネルをご紹介しました。

皆さんもこのユーチューブいいよーとかあったらぜひぜひシェアしてください




★究極の選択・あなたはどっち派?


ポテトチップスはうすしお派?コンソメ派?目玉焼きにはお醤油?ソース?犬が好き?猫が好き?

世の中にはA派かB派で意見や好みが分かれることがたくさんありますよね。

このコーナーではアメリカ生活の中での究極の選択に対する私の答えをシェアしていきます。


チョーメンVS Fried Rice です。


あーーーー、悩むよねー。絶対悩むやつだよねー

これはアメリカのチャイニーズレストランでの選択肢なんですが、

チョーメンっていうのは、焼きそばみたいなやつ。

フライドライスは、チャーハンですね。

チャイニーズテイクアウトだと、おかずを2種類や3種類選んで、それプラスチョーメンにするかフライドライスにするか選べるっていうことが多いです。

悩むよねー。

お店によっては、チョーメン、フライドライス、白いご飯ってところもあるかな。


皆さんはどっち派ですか?

私はねー、悩むけど、でもフライドライスかなー。アメリカのチャイニーズって、おかずがすっごい味濃いじゃないですか。

だからご飯の方が合うと思うんですよね。

まー、フライドライスも味がついてるからあれなんですが。

チョーメンも美味しいお店は美味しいけど、なんか本当に麺とキャベツの端切れと、セロリの端切れがパラパラって入っている程度で、微妙ーって時ないですか?で、すごくドライか、すごくオイリーかの両極端なイメージ。

それをいっちゃうとフライドライスのクオリティも期待できないんですけどね。


チョーメンといえば、私の友達のメキシコ人のマルタが、パスタでマルタバージョンのチョーメンを作るんですが、

それが美味しいんですよ。

私も一度真似して作ったことあるけど、マルタみたいに美味しく作れなかったなー。

マルタのチョーメンはチャイニーズかって言われると違うんですけどね。


まあ、そんなに頻繁にチャイニーズ外で食べたりテイクアウトしたりってしないのですが、

でも何か外で買わなきゃってなって、

ちょっとハンバーガーとかメキシカンとか疲れちゃったなーって時、チャイニーズ食べたくなりますよね。

コスパもまあああいいし。


去年の夏、日本から姪っ子が来ていた時に、やっぱり食べ物に色々苦労して、特に旅行中料理ができない時に

毎回ハンバーガーやピザなわけにも行かないし、って時にパンダエクスプレスいったら気に入ってました。

あれがね、わたしの初パンダだったんじゃないかなー。

アメリカ人は、チャイニーズといえばパンダですよね。

すごくアメリカナイズドされた、本当の中華料理ではないですが、でもいい意味で大味でみんなから好まれています。

そう、その旅行中にパンダ行ったら姪っ子が気に入って、

家の近くでもパンダを見つけた時に行きたい!って言って、確か次の週にもまた行った記憶があります。

我が家の近くのお店も結構混んでて、へー、こんなに人気なんだーってびっくりしました。

アメリカの人たちはチョーメンとフライドライス、どっちが好きなのかなー。


ちょっとね、パンダエクスプレスは別に興味ないですけど、

うちの近くのダウンタウンにも地元のチャイニーズレストランがあるので、近々久々に行こうかなと思います。

多分ね、一番良いのは、夫婦ふたりでどちらかがチョーメン、どちらかがフライドライスを注文することですよね。

ってそれじゃ、究極の選択じゃないいじゃん、選択してなくて両方じゃんって状態ですが。

いやー、でもやっぱ悩みますよねー。


はい。みなさんはどっち派ですか?

ということで今回の究極の選択は、

「チャイニーズテクアウト、チョーメン派?フライドライス派?」でした。

0 views

© 2018 4989 American Life