top of page
Search
  • Writer's pictureUtaco

ep.270 / 日本のココが嫌!

春、この季節が来ましたね。

この前、1年ぶりにマクドナルドのSHAMROCKシェイクを飲みました。緑のミント味のシェイクですね。

3月17日はセントパトリックスデー、別名:緑の日ということで、この時期になるとどこもかしこも緑、緑、緑、なんですけど、マクドナルドからは毎年SHAMROCKシェイクが出るので、飲まなきゃ!となるんですよね。

今年も無事飲めてよかったです。

皆さんは何か緑のもの、このシーズンならではの緑のものを食べたり、飲んだり、買ったりしましたか?


さて、今日のエピソードでは、日本のここが不便、ここが嫌!ということについてお話ししたいと思います。

その他、先日のパイの日のお話もしたいなと予定しています。



★日本のココが嫌!

——————————-

普段このpodcastではアメリカ生活で苦労していることや、アメリカ生活の不満などを多く話しています。

確かに私が生まれ育って長年暮らしてきた日本と比べて不便なこととか、納得いかないこととがこのアメリカ生活にはたくさんあります。

実際に日本に一時帰国をすると、「あー、やっぱり日本っていいなぁ。」と多くのことに対して思います。


本当にベタな事になっちゃうんですけど、

やっぱり食べ物が美味しい、便利、きれい、コンビニ最高、挙げ出したら良い所、キリがありません。

日本人だけではなくて、日本に旅行したことがある海外の人たちからも、日本を色々褒めてくれる言葉をよく聞きます。

そうなんですよ。日本人の私が言うのもなんなんですけど、日本は良い。やっぱり良い。

色々素晴らしいんです。


ま、しかし、何でもそうですけど、良いところばかりではありません。日本にも悪いところ、だめなところもあります。


色々あるんですけどね、大きな話だと政治の問題とかさ、経済云々とかさ。

でも、私がそんな難しい話をここで上手く話せるわけもないので、

今日は一般的な生活レベルで日本の不便なところ、ここが嫌だ!という点についてお話ししたいと思います。


去年の12月末から1月末にかけて1ヵ月ほど日本に一時帰国してきたんですが、その時に思った日本の嫌なところ、不便だなと思った所は、


街中にゴミ箱が少ないということです。


これね、前々からからよく観光客、海外からの観光客の方たちが話しているのをYouTubeのビデオとかで目にしていたんですよね。

みんな口を揃えていうのが、

「日本は、どこに行ってもとても綺麗でびっくりした。更にびっくりしたのは、街中にゴミ箱が全くないのに道にゴミが落ちていない。本当に不思議だ。」

ということなんですよね。

きれいなことに対して褒めてくれているんですけど、それと同時にゴミ箱がないからゴミが捨てられなくて困るっという不満も混ざった話なんですよ。


確かに、日本国内では昔に比べて街中のゴミ箱の数が減ったなとは思っていました。ここ数年で始まったというよりは、10年20年かけてどんどん減ってきているという感じなんですけど、

これまでは「ゴミ箱の数少なくなったなぁ。」と思ってはいたものの、それほど気にしていなかったというか「まぁ、仕方ないか。」くらいにしか思っていなかったんです。


でも、この前日本に帰った時にすごく気になったんですよね。すごく不便だったの。

全然ゴミ箱がない。


今回はスケジュールに余裕があって、私1人でもちょっとフラフラ出かけたりとか、友達と会ったりとか、夫婦でも1日中電車で移動して街中歩き回ったりとか、そういう時間をけっこう過ごしたんですよね。

そう、車で移動するとそれほど感じないんですよね。

やっぱり東京とかその周辺、電車移動、徒歩移動を多くする都市部だと強く感じますね、このゴミ箱の少なさ。


要はゴミ箱がない=ゴミがあれば、ゴミが出れば持って帰る…ということをなんですけど、これに慣れている日本の人たちは当然のことで別に何とも思わないのかもしれないですけど、もはや。

慣れていない海外の人や海外で暮らしている人からすると、すごく不便なんですよね、このゴミ箱が少ないこと。


アメリカでは、街の至るところにゴミ箱があります。

ダウンタウン、街中のお店とか並んでいる栄えてるエリアですね、商店街って言ったらいいのかな?

っていうか、いつも思うんですよね、ダウンタウンって日本語でなんて訳せばいいんですか?商店街ともちょっと違うような気もするし、街のメインストリートって表現すればいいのかな。

いつもダウンタウンってどうやって説明すればいいか難しいなって思うんですよね。

私の中では、ローカルのお店がたくさん並んでいるエリアで、基本的に車を止めて歩いてそのエリアを回ることができる、walkable なエリア、ストリート、のことをダウンタウンって言うと思うんですけど。どうなんですかね?皆さんのダウンタウンの定義はなんですか?

お笑いコンビとかやめてくださいね😅


日本語で表現する、日本人の人にアメリカのダウンタウンを説明するってなっても、日本に同じようなエリアがないと思うんですよね。商店街はちょっと違いますよね。駐車スペースがないですもんね。

あぁ、でも同じ商店街でも、東京都内にある商店街をイメージするとちょっと違うなぁと思うけど、少し東京から離れると、商店街、もしかするとアメリカのダウンタウンに似てるかも。


私静岡県出身なんですけど、そうだね、考えてみたら、静岡市の駅の北側の商店街、あれは商店街というか、もっと規模が大きい、栄えているエリアですけど、

基本的にはそのエリアは歩いて移動するのが一般的だし、色々なところに複数駐車場があって、みんなそこに車を止めて歩く…。

まぁあれはダウンタウンかな。そうだね。


ほんとローカルの話になっちゃうんですけど

、私静岡県の富士市っていう、新幹線に乗っていて富士山が見えるところですね、富士市が本当の地元なんですけど、富士市の商店街とか、そうだわ。あれは、ダウンタウンっぽいかも。小さな街のダウンタウンって感じ。


富士市には、富士駅の富士駅前商店街と、あともう一つ、吉原商店街とあるんですけど、どちらも、少しもうサビれた商店街って感じで、でも街の若者たちによってちょっと盛り上げていこうみたいな動きもあって、

おしゃれなカフェが点々とあったりとかして、あー、そう、そういう部分もアメリカのダウンタウンとちょっと似ているかも。

そうね。そうかも。


同じだわ。話していて解決しました。アメリカのダウンタウンは、日本の地方都市の商店街みたいな、そんな感じですね。

あぁスッキリ。なんか話ていて解決しました。

異論反論求めます。どう思いますか?


何話してましたっけ、ほんとにね、いつも話が逸れちゃうの。

そう、ゴミ箱ですね。

アメリカのゴミ箱だ。

アメリカでは、そういうダウンタウン、商店街には、もう各ブロックごとに歩道の所にゴミ箱が設置してありますし、お店の前、スーパーの入り口とか、建物の入り口とかにもゴミ箱が必ずあるイメージです。


お店だけじゃなくても、例えば私が行っているジム、スポーツジムの建物の入り口にもゴミ箱ありますし、中にももちろんありますけどね、

それから公園にもありますし、小さな公園にもありますよね。あとはバス停とかにもあるかな。

だから、ゴミを捨てるのに困ることってそんなにないんですよね。


例えば、スタバを飲んでいて、飲み終わったカップとか、捨てる場所に困るって事がないです。

それでもね、アメリカあるあるなんですけど、ゴミ箱があるにもかかわらず、ゴミ箱に捨てるんじゃなくて、お店の中、スーパーとかショッピングモールとかで、その辺にポンって置いていっちゃう人がいるんですよね。

あるあるあるある。


それに比べて日本は、本当にゴミ箱がない。

やっぱりさぁ、久しぶりに日本に帰ると、いろいろなものが美味しそうに見えて、出かけた先でちょっと食べたり飲んだりってことが多くあったんですけど、カフェのドリンクとか、アイスとか、スイーツとか。そういうのを食べたり飲んだりした後、そのゴミを捨てるところがないんですよね。

そのドリンクとかスイーツを買った、そのお店の前で飲み切る、食べ切るとかだとそこに捨てることができるんですけど、そのお店から離れてしまうと、もう捨てるところがどこにもないんですよ。

スーパーやコンビニで売っているようなお菓子の個包装の袋なら、別にそのままちょっと丸めてカバンの中に入れおいてもいいですけど、飲み物のカップとかね、アイスクリームのカップとかスプーンとか、ずっと持ってるの結構しんどいんですよね。

最近の日本人は、そういうゴミ用のビニール袋を自分のバッグの中に入れいるんですかね。

どうなの?


本当に今回の日本滞在時は、ゴミ箱の少なさを痛感したんですよ。

逆にゴミ箱がすぐに見つかったりすると感動したもんね。おかしな話ですよね。

あれね、どこだっけかなぁ、横浜のワールドポーターズっていう、あれなんだろう、ショッピングモール?商業施設?

ワールドポーターズに少しだけ立ち寄ったんですけど、それでね、何のゴミか忘れちゃったんですけど、それもコーヒーのカップとかだったのかなあ。

何かゴミが出て、「あー、これ少しの間、持ち歩かなくちゃいけないんだなぁ…なんて考えてたのに、目の前にすぐゴミ箱があって、びっくりしました。感動。

ワールドポーターズ、神!って思いました。


あとはね、少し前のエピソードでも話したかもしれないんですけど、今回日本で私、初のモーニング娘のライブに行ったんですけど、私、モーニング娘のファンなんですけどね。

そのライブの日もね、ゴミの処理にとても困った思い出があります。


ライブが始まる前に時間があって、少しお腹も空いてたんですけど、その日1人だったんですね、私だけで。で、1人でカフェとかレストランに行って何か食べるっていう気分でもなかったので、コンビニに行っておむすびと、あとシュークリーム系のスイーツと、あとストローを挿す系のカフェラテか何かを買ったんです。

袋入りますか?ってレジの人に聞かれたんですけど、そんな量も多くなかったので「要りません」て言っちゃったんですよ。


その辺のベンチに座って美味しく食べたんですけど、その後に「あ、ゴミどうしよう」ってなって。

おむすびのゴミは別にどうでもいいんですけど、

そのシュークリーム系のスイーツがすごく食べにくくて、クリームがドローンで出てきて、ひゃーってなって、袋にもクリームがベチョって付いて、

カフェラテも最後まで飲んだんですけど、でもちょっとまだ若干液体が残っているじゃないですか。

そんな状態なのに私レジ袋もらわなかったから、そのゴミを入れる袋もないし、もうすぐモーニング娘のライブ始まるしで、

え、どうしよう…ってなりました。


そのコンサート、ライブ会場が、東京の立川っていう所にあったんですけど、


そうそう、また話ちょっと逸れちゃうんですけどね、今回初めて立川に行ったんですけど、駅前すごく素敵ね。

なんかびっくりしちゃった。

駅のところから車の通りがゼロの歩行者だけのエリアが長くあって、それこそダウンタウンよね。しかもちょっとおしゃれダウンタウンって感じ。おしゃれなショップとかカフェとかレストランとかがずっとあるような通りだったんですよ。

結構家族連れが散歩がてらに歩いていたりとか、若い人からお年寄りまで結構人通りがあるエリアだったんです。

道幅も広くて、通り沿いにベンチがあったり、木があったり、花壇というか、なんて言運ですかね、緑もあったりとかして、とても雰囲気が良いところだったんですけど、

ゴミ箱が全くなかったの。


その通りに2店舗コンビニがあって、そのうちの一つのコンビニで買ったものだったんですけど、

昔はね、コンビニの外にコンビニが設置しているゴミ箱があったんですよね。最近の若者はその時代を知らないのかね。

今はお店の中にしかゴミ箱がなくて。


まぁね、今その日のことを振り返えると、同じコンビニに戻ってゴミを捨てれば良かったのかもしれないんですけど、なんかお店の中にわざわざ入ってゴミを捨てるっていうのも、捨てにくいんですよね。

そこのお店で買った商品のゴミなら捨てて問題ないと思うんですけど、でも店員さんが私を覚えてるかどうかもわからないですし、「お客様、外から持ち込んだゴミを捨てるのはお控えください。」とかって言われたらなんかちょっと面倒だし、気分悪いなぁとかって思うじゃないですか。


とにかく、コンビニの中に捨てに戻るっていうことをしなかった私は、ゴミ箱がなくてゴミを捨てる場所に困ってしまったんですよ。

仕方ないから、クリームとかでベタベタになっている袋をどうにか上手く丸めてバッグの内ポケットに入れて、カフェラテのカップは、もう手に持ったままライブ会場に行きました。空なのにね。


会場の中で捨てればいいやと思ったんですけど、そのライブ会場、コンサート会場というのかしら、その建物の中にもゴミ箱が全くなかったの。

トイレに行けば、ゴミ箱あるかもって思ったんですけど。手を洗ったり、お化粧直しをしたりする鏡のところとかにゴミ箱あるかなーと思ったのに、なかったの。トイレにもゴミ箱なかったんです。

さすがにね、トイレの個室の中にゴミを置いてくるなんて道徳心の無い事は私はしなかったので、結局カフェラテのカップね、自分の席のところまで持っていって、ライブ中は足元に置いておきました。


でね、今回そのモーニング娘のライブに行ったんですが、厳密に言うとモーニング娘だけではなくて、ハロープロジェクトっていう、いくつかのアイドルグループが集まったアイドル集団のライブだったんですけど、昼夜2公演あってですね、両方行ったんですよ私。


昼のライブが終わって、夜まで時間があるじゃないですか。

これまた、どっかカフェとかにでも行こうかなぁとも思ったんですけど、その日天気も良くて、さっきも話したんですけど、その辺りがとても雰囲気が良いおしゃれエリアで、自由に座れる椅子とテーブルが並んでいる所とかもあったんですよ。だから外でこのまま時間を潰すのも良いなと思って、そのまま外にいたんです。

でも何か飲みたくなるじゃないですか。で、夜の公演に備えてなんかちょっと食べておこうかなとかも思うじゃないですか。

日本でそんなシチュエーションの時、皆さんどこに行きますか?はい、コンビニです。

久しぶりの日本だったからね、コンビニの商品を食べるのも本当に楽しかったんですよね。


その時、今度は別のコンビニに行ったんですよ。

昼公演の前はセブンイレブンだったっけかな。夜公演の前はファミリーマートだったと思います。

でさ、ファミリーマートに行って買い物をする時に、持っていた昼のゴミ、セブンイレブンのゴミをパパッとファミリーマートのゴミ箱に捨てちゃえばよかったんですけど、そこでも、なんか道徳心が勝ってですね。

「いや、他のコンビニのゴミをここで捨てちゃダメでしょ。」みたいな。

そう思って捨てられず、昼間のゴミは持ったまま、更にまた飲み物やちょっとした食べ物を買ったんですよ。

学習した私はね、今度はちゃんとレジ袋をもらって、ビニール袋をね。そこに昼間もゴミも夜のゴミも一緒に入れたんですけど、

やっぱり捨てるところがないのよ。


結局、ずっとそのコンビニのビニール袋に入ったゴミは私のバックの中に入っていて、

帰るまでにはどこか捨てるところがあるだろうと思ってたんですけど、

最近日本は、東京や東京周辺の話ですけどね、電車の駅にもゴミ箱全くないんですよね。だから、帰りの電車に乗る時も、最寄りの駅で降りた時も、結局捨てるところがなくて、そのゴミの袋は家に持って帰りました。


本当にびっくりするほどゴミ箱の数が少ないですね。

まださぁ、ある程度のサイズのトートバックを私、その日持っていたので、バックの中にゴミの袋を入れておけたので問題なかったですけど、小さなバックしか持っていない時とか、男の人とか財布と携帯しか持っていない時とか、ゴミ問題めっちゃ困りますよね。


ここアメリカと比べると、ありえないほど不便。本当に。困っちゃう。


昔はね、ゴミ箱あったんですよ。いろいろな場所に。

それこそ、さっきもお話ししましたけど、コンビニのお店の前にも、外にもね、ゴミ箱ありましたし、公園にもありましたし、電車の駅にももちろんありました。


このゴミ箱がなくなった、どんどん減ってきている理由としていくつか言われていることがあります。

1つは、テロ対策です。

かなり前ですけど、もう30年位前かな、東京で起こった地下鉄サリン事件とか、それから911とかもそうですけど、無差別テロの対策の1つとしてゴミ箱を撤去した、という話がありますね。

何か危険なモノが、よくわからないモノが街中のゴミ箱や駅のゴミ箱に入れられてしまうと怖い…ということからなんですけど、

初めは、電車の駅のゴミ箱とか、透明になったのを覚えてるんですよ。外から見て、透明のゴミ箱に透明のビニール袋が入ってて、何が捨ててあるか外から見てわかる、みたいな

で、何か国際サミットが開かれるのに合わせて警備が厳しくなって、結局、駅のゴミ箱はもう撤去しちゃおう、なくしちゃおう、ってなったんですよね、確か。


それから別の理由としてよく聞くのは、ゴミ箱の管理にお金がかかるから、じゃあもうゴミ箱自体をなくしちゃおう、となった、という話です。

例えば、町の公園にあるゴミ箱とか、ダウンタウンの歩道にあるゴミ箱とかであれば、町や区、Cityの管轄なので、ゴミを回収したり、その周りを掃除したりする人、その人の人件費が必要ですし、

商業施設のゴミ箱、コンビニを含めて、そういう所も同じですよね。そのゴミ箱を管理する、きれいに保つっていうことにお金がかかるんですよ。


そして、ゴミ箱があることによって、本来そこに捨てるべきではないゴミまで捨てていく人たちがいる、という背景もあるようです。

確かに、何でもかんでも捨てて良い、みたいな考えの人がいるんですよね。

今は日本、街中のゴミ箱少ないですけど、昔ゴミ箱がたくさんあった時は、家庭ゴミって言うんですか?各家庭で出たゴミをそういう公共のゴミ箱に捨てる人がいたりとか、分別とか全くしないで、ちょっとした粗大ゴミみたいなモノをそういう街のゴミ箱に捨てたりとか、ゴミ箱の周りに置いて行ってしまったりとか。

そういう人たちが多くいたので、そういった面の管理も大変なので、ゴミ箱をなくした…ということを理由として聞いたことがあります。


そう、だからよく日本人はマナーが良くて、ポイ捨てする人がいなくて、ゴミ箱がなくても街がきれい…なんて、そういう話をよく聞きますけど、

実はマナーが悪かったから、ゴミ箱が取られちゃった、ゴミ箱がなくなっちゃった、という話なんですよ。

ゴミ箱がなくなったから、捨てるところがなくなっちゃって、仕方なくゴミは持って帰っている、

そういうことだと思うんですよね。


確かに、アメリカ、こっちの街中のゴミ箱を見ていると、

すごくしっかり管理されているエリアのゴミ箱はキレイなんですけど、街中もまあまあキレイなんですけど、

管理が行き届いていないエリアのゴミ箱、例えば私が今住んでいるエリアとか最悪なんですけど、ゴミ箱がゴミで溢れかえっていて、ゴミを捨てたくても捨てるスペースがもうないっていうところもたくさんあります。

山盛りになっているゴミの上に、そーっとゴミを置く…みたいな。将棋崩しとかね、ジェンカとかやっているのかな、私?みたいな感じで、そーっと、ゴミの山の上に崩さないように置く…っていう、そんな感じなんですよね。


多くのゴミはテイクアウトの食べ物が入っていたボックスとか、ジュースの缶やビンとかも同じところにそのままどんどん入れてるし、ファストフードのゴミとかも多いですよね。しかも食べかけとか飲みかけとか。

あとはアメリカだなぁと思うのが、ピザが入っていた四角い、あのピザの箱、あれが街中のゴミ箱にけっこう捨ててあるのを見るんですよね。みんなどこでそのピザ食べたの?みたいな。


そういう食べ物系のゴミがアメリカのゴミ箱見ているとやっぱり多いんですけど、

でも、何でもかんでも捨てるという光景はアメリカでも見かけて。本当になんでこんなものがここに捨ててあるのかな?っていう。

なぜかすごく汚い洋服が捨ててあったりとか、靴の片方だけが捨ててあったりとか。あとは明らかに家のキッチンのゴミだよね、みたいな、缶詰の空き缶みたいなのが入ってたりとか、卵の殻が入ってたりとか。

要は、同じですよね。ゴミ箱があるから、そこに何でも捨てちゃうみたいな。


そう考えると、日本の街中からゴミ箱が減っていっているというのもわかる気がします。

管理ができないなら置かないっていう。

マナーが悪い人が多いなら、もう置きません!みたいな。


理由はね、わかるんですけど、それでもやっぱりもう少しゴミ箱が街中にあってもいいんじゃないかな、日本。と思います。

日本にお住まいの皆さん、ゴミ箱が街中にないことにはもう慣れているんでしょうか。


やばい、また長々と話している。話すぎてしまいました。

日本の不便なところ、嫌なところ、他にね、話したいこといくつかあったんですけど、

最近話しすぎて1つのエピソードの分数がめっちゃ長い傾向にあるので、ちょっと自粛します。

また来週以降に続きをお話ししたいと思います。


ということで今日は、この前の一時帰国で感じたアメリカと比べた日本のここが不便だなと感じるところ、ここが嫌だなぁと感じる所の1つとして、

街中にゴミ箱が少ないという話をお話ししました。


皆さんも日本のここが不便、日本のここが嫌!というところがあれば、是非是非シェアしてください。



★パイの日にパイを作った!

------------------------

少し前のエピソードで数字の語呂合わせについてお話をしました。

このpodcastのタイトル4989 American lifeの「4989」は四字熟語の四苦八苦のことだよ、という。


リスナーの皆さんからも数字の語呂合わせについてコメントをいくつかいただきました。ありがとうございます。

「語呂合わせで初めに思いつくのはヤクザ、893です」とか、

さっそく4649、よろしくを使ってくださった方がいたりとか。


数字の語呂合わせによる記念日についてもお話ししたんですが、11月22日はいい夫婦の日とかね。

この記念日についてもいくつかコメントをいただいて、

アメリカにも語呂合わせ的な記念日があるということで、中でも5月4日スター・ウォーズの日が有名、というか人気らしいですね。

"may the force be with you"ですね。

私スター・ウォーズがあまりわからないので、スター・ウォーズの日全然知らなかったんですけど、アメリカはやっぱりみんなスター・ウォーズ好きですからね、5月4日はお祭りなんでしょうか。


それから、日本で毎月22日がショートケーキの日というのを教えてくれた方がいたんですけど、

皆さん、なぜ22日がショートケーキの日かわかりますか?

カレンダーを見たときに、22日の上は必ず15日なんですよ。当たり前ですね、22日の7日前は15日なので。

15。1と5。いちご。

上にイチゴがある= ショートケーキだ!ということは22日はショートケーキの日らしいです。

めっちゃ可愛くないですか?

大好きこういうの。なんか日本らしいですよね。


あとは語呂合わせとはちょっと違いますけど、アメリカ、特にカリフォルニアかな。では、4月20日、420ですね、は、マリファナの日ですね。

元々この420は時間なんですよね、確か。

4月20日がマファナの日でもありますし、420自体がマリファナを指す言葉ですね。


先日のエピソードの中で、アメリカにある数少ない語呂合わせの記念日として、3月14日パイの日のお話をしました。

3月14日、3.14、円周率ですね、円周率はπとも呼ばれています。だからパイの日。


この前のエピソード聴いてくださった方いますかね、

パイの日だからパイを作ろうかなぁって最初思ったんですけど、でも気づいたんですよ、3月14日ってホワイトデーじゃんって。

今年私バレンタインに旦那さんの好きなキャロットケーキを焼いたんですよね。

きっと喜んでくれたと思うんですけど、ホワイトデーなら何かお返しがもらえるかも!と思ったんです。

そして旦那さんがもしも、このpodcastを、あのエピソードを聴いてくれていたら、パイの日のこの話を聴いて、きっと何かおいしいパイを買ってきてくれるかも、サプライズで!みたいな。

パイ食べたいな、楽しみだなぁ!っていう話をしてたんですけど。間接的にホワイトデーのお返しはパイがいいなというメッセージをこのpodcastを通じて旦那さんに送ったわけなんですけど、

果たして先日のホワイトデーはどうだったでしょうか。


結果、

何も無し。

パイどころか、何も無し。ホワイトデーのお返し無し。


ぴえん。


いいんです、いいんです、うちの旦那さんはね、そういうタイプの人なんです。知ってた。

そしてね、最近彼は忙しいの、とっても。きっと私のこのpodcastもね、聴けてないんだと思います。

だからホワイトデーに何もくれなくてもね、パイ買ってきてくれなくても、気にしません。

いいんです、いいんです。


まぁぶっちゃけ、予想できていたことなので、この何も買ってきてもらえないっていう。

だから自分でパイを焼きました。


甘いデザートのパイもいいかなぁと思ったんですけど、作ったことのないミートパイを今回は作りました。

中に包むお肉のタネって言うんですか、肉味噌、呼び方がわからない。ミートフィリングか。

ミートフィリングを作って、パイ生地は今回は市販の焼くだけのパイ生地を買ってきて焼きました。

初めて作ったんですけど、簡単でとってもおいしかったです。

次回の改善点としては、その市販のパイ生地なんですけど、もう少しいいやつを使えばよかったなと思いました。

よくある、その辺のスーパーに売っている1番安いやつを使ったんですよ。アメリカの焼くだけのそういうパイシートとか、あとはクロワッサンとか、ケンタッキーにあるようなビスケット、焼くだけのそういうビスケットのやつとか売ってるんですけど、結構しょっぱいんですよね。

今回のパイ生地もちょっとしょっぱくて、と想像していたパイ生地とはちょっと違ったんですよね。

もっと何層にも薄いレイヤーが重なり合って、パリパリしたパイ生地が本当は良かったんですけど、アメリカのよくあるアップルパイとかの、ああいうクッキークラストみたいな、ああいうパイ生地だったんですよ、わかります?

もっと繊細な薄いパイ生地の方が更においしいんじゃないのかなと思っています。アメリカで買えるおいしい市販のパイ生地があれば、ご存知の方がいらっしゃればぜひ教えてください。


でもとても本当に簡単だったので、またこれからも作ろうと思いますし、

ポットラックとかパーティーとかにもミートパイ、いいんじゃないかなと思いました。

あぁ、でもあの薄い何層にもレイヤーになったパイ生地が使いたいなぁ。でもああいうのだと時間が経つとパリパリ感というか、サクサク感がなくなっちゃうのかな。

とりあえずにでも、すぐ他のパイ生地探してまた作ってみようと思います。

アメリカに住んでいる日本人の方って結構ベーキング得意な方が多いじゃないですか。だから生地から手作りしている方とかも多いのかなぁ。そういうレシピや、あとは市販のパイ生地で、パイシートでオススメの商品があればぜひぜひ教えてください。よろしくお願いします。

220 views0 comments

Recent Posts

See All

ep.286/引越し4つのピンチ

私が住むカリフォルニアでは、ここ最近猛暑注意報が出ていました。Excessive Heat Warning, excessive heat watchですね。 最近我が家は引っ越しをして新しいエリアに来たのですが、カリフォルニアといっても、日本の皆さんがイメージするビーチ、ヤシの木、みんながハッピーな雰囲気でイェーイ!みたいなエリアではなくて、 私が住んでいるのは同じカリフォルニアでも内陸、砂漠の

ep.285 / 引越し完了!

少し前から引っ越し、引っ越し、と何かにつけてお話ししていたのですが このたび無事に引っ越しが完了いたしました。 今回は比較的時間に余裕がある、なんて思っていたのに、やっぱり最後はバタバタと様々なトラブルもありつつ、でも、どうにか終りました。 ということで、今日から新しいこの家でpodcastを収録していきます。 エピソードとしてはちょっと短いエピソードになると思いますが、皆さん最後まで聴いてくださ

ep.284 / 恥ずかしかった出来事

約2週間後に控えた引っ越しに向けて、現在色々と片付けをしたり準備をしたり、バタバタしております。 前回のエピソードでは住むところが決まったという話をしたんですけど、 良さそうな所が見つかってホッとしたのもつかの間、引っ越しに向けて現在は具体的に動いています。 まず入居日、鍵をもらう日ですね、が決まって、 その鍵を受け取る予定の数日後に荷物を移動させる、実際の引っ越し日、引っ越し作業をする日を設定し

Comments


bottom of page