Search
  • Utaco

ep.092 / 厄介だぜポイズンオーク

約6週間、我が家に滞在していた、日本からのゲスト、友達のいくこさんが帰ってしまって、

本格的に我が家、通常営業に戻りました。


平日は自分のスケジュールをこなしつつ、ご飯を作ったり、掃除したりとね。

そう、いくこさんが我が家に居たときは、いくこさんお料理上手でお料理好きってのもあって、

けっこうね、ご飯を作ってくれていたんですよ。

だから私もそれに甘えちゃって。


なんで人が作ってくれたご飯ってあんなに美味しいんだろうね。

ちょっと語弊があるか、いくこさんのお料理の腕前も素晴らしいんです。とにかく、誰かが料理を作ってくれて、美味しい料理を作ってくれて、

それを食べることができる幸せ…。それをれをとっても感じた6週間でした。


食器洗いとかもね、あと洗濯物たたむとか、普段私が苦手とする分野があるんですけど、それも分担したり、一緒にやったりして、

すごく楽だと感じた6週間だったと思います。


こんなに誰かと生活を共にするってのもあまりないし、

結構影響されたり、なんだか自分が変わったなって思うこともあるんですが、

今回いくこさんと生活していて。

それはまた来週か再来週にでも話そうと思います。



ということで、いつもの日常に戻り、気を引き締めていこうと思っている今日このごろでございます。


さて、今日のエピソードでは、ポイズンオークについてお話したいと思います。

その他あめりかあるある、私変わったのコーナーも予定しています。


★ポイズンオーク

-------

みなさん、ポイズンオークって聞いたことありますか?

ポイズンオークです。


「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ〜、ポイズン」

はい、そのポイズン、ポイズン・オークなんですけど、


日本語では、

アメリカ・ツタ・ウルシって言うみたいなんですけど、

植物なんですね。

ポイズンって付くくらいなので毒を持ってるんですが、

今日はこのポイズンオークの話です。


アメリカで西海岸ではポイズン・オーク、東海岸ではポイズン・アイビーっていうみたいなんですけど。

私は西の人間なのでポイズンオーク派なんですけど、

なんだか「派」なんていうとファンみたいですけど、

これがね、本当に毒なんですよ。


ウルシ科に属する植物で、油が表面に、葉っぱの表面に付いているらしいんですよね。

で、触ってしまうと、その触ってしまったところがとんでもなくかぶれるっていう、

めちゃめちゃ厄介な植物なんです。


アメリカ人の人たち、アメリカに住んでいる人たちはみんなこの厄介モノの存在を知ってて、

ポイズンオーク、ポイズンアイビーと聞いてイメージするのは、ハイキングなどをする山の中なんですけど、

こっちの人はハイキング好きな人が多くて、週末とかけっこうハイキングに出かける人が多いんですが、

そのハイキングトレイルの脇に生えていることが多いです。


見た目としては、

葉っぱなんですけど、一箇所から三枚の葉っぱが出てて、それが特徴なんですけど、

ちょっとギラついているというかテカっているというか、ちょっと嫌なテカリをしているんですよ。


季節によっては普段緑の葉っぱが赤に色が変わっていることもあります。

あー、きれいな赤い葉っぱ!なんて思って安易に触るのはNGです!

ほんとに!

触らないように、とてもとても気をつけなければならないんです。


一般家庭の庭や、公園など、繁殖力がとても高くて、結構どこでも生えてるみたいなんですけど、

特に気をつけなければならないのが、今言ったハイキングとかキャンプとか、森の中、林の中に行く時です。


触っちゃダメ。って言われると、じゃあ長袖長ズボンで完全防備していこう、

って思うでしょ。

思うと思うんですよ。

だがしかし、衣服に触れて、で、その箇所に肌が触れると、

それでもうアウトなんです。

アウトーーーーー。

まじで、強いんですよ。

厄介なの。


もちろん半ズボンでね、「裸」の状態で触っちゃうのと、衣服を通じて触っちゃうのだったら後者の方がいいと思うけどね、

でも、とにかく服の上からも触らない方がいい、

そんな怖い植物です。


あとね、ワンちゃんにも注意らしいんですよ。

アメリカではハイキングにワンチを連れてくる人が多くて、我が家もハイキング良くするんですが、ワンちゃん連れの人たちと会うことが多いですね。

ワンちゃんがポイズンオークを触ったとしても、ワンちゃん自体は大丈夫なのですけど、

そのワンちゃんに触れた人間はアウトーです。

やばくないですか?

ポイズンオーク、強すぎでしょ。

そしてワンチは大丈夫なのに、人間はアウトーって、人間弱わすぎですね。


要はね、もう絶対触らない。ってことですね。

触らぬ神に祟りなしです。



私達夫婦は、けっこうハイキングとかキャンプとか行く方なんですけど、

私アメリカにくるまでポイズンオークなんて知らなくて、

日本でそんな植物に気をつけろなんて言われたことないですよね?

でもこっちでハイキングするようになって、

うちの旦那からも、あとはたまに友達夫婦とかともハイキングに行くんですが、周りの人たちからも

「ポイズンオークだよこれ、気をつけて」って声をかけられることが多くて、

最近では、ハイキングトレイルを歩いている最中にポイズンオークを見つけると

「あ、ポイズン!」「ポイズン!」って夫婦で声を掛け合って注意をし合うようにしています。


冒頭にもどるんですが、

私は「ポイズン!」って言われると、

「言いたいことも言えないこんな世の中じゃーポイズンっ。」って反町で反応するようにしています。

年齢バレますね。


ちなみに、ポイズンオークを見つけて「ポイズン!」「ポイズン!」っと言い合う我々なんですけど、

もうひとつ、声を掛け合うものがあります。注意し合うものがあります。

ハイキング中に。

それは、うんちです。


ハイキングをしていると、「うんち!」「うんち!」とか「プープ!」「プープ!」とかってね、

うんちあるぞーーー!注意!っていう意味で声を掛け合うようにしてるんですけど。


さっきもはなしたんですが、こっちは犬も一緒にハイキングに来ていたりしますし、

あとは馬、お馬ちゃんでトレイルを歩く、この場合は歩くって言わないのか、

トレイルで乗馬を楽しむって言えばいいんですかね、

とにかく馬も居たりして、

まー馬のうんちなんて落ちてたりしたら、どーーーーん!って大変な事になってるだろうから、

そう思えばあまり馬のうんちが落ちてるケースはすくないのか。


ともかく犬のうんちや、その他、野生の動物のうんちが歩いている道端に

けっこう真ん中にポンってあることが多くて、

ハイキングでは、ポイズンオークの次に、うんちへの注意も大事ですみなさん、気をつけてください。



話がうんちに逸れてしまったんですが、

ポイズンオークというのは注意が必要という話なんですが、

でね、そんな普段から結構意識している私達なのですが、

去年、うちの旦那さんがポイズンオークにやられてしまったんですよ。

11月のサンクスギビングのキャンプに行った時にどうやら触ってしまったらしくて、

ポイズンオークって、触った直後は特になにも症状がでなくて、

半日後とか翌日とかにかぶれ初めて、でかゆいから掻いて、掻いたから悪化してって悪循環になっていくんですけど、


そのキャンプもね、どこで触っちゃったか、未だにわからないんですよ。

一泊の短いキャンプだったんですけど、ハイキングもしたんですけど、

そのトレイルでポイズンオークを見た記憶ないんですよね。

なので考えられることとすれば、キャンプサイトでタープを張る時に、支柱を支えるロープを地面に杭で打ち込むんですけど、

けっこう茂みに入って杭を打ち込む場面が何度かあって、

あまり注意してなかったんですけど、その茂みにポイズンオークが居て触っちゃったのかなーという見解です。

すごく寒い日だったので長袖長ズボンだったんですが、

きっと服ついたところを手で触っちゃったんでしょうね。


キャンプ中は全然なんともなくて、キャンプから帰ってくる道のりでも普通だったんですよ、

でも次の日とかになって

「あー、ポイズンオークかも。かゆい」って言い出して、

更に翌日くらいには、その触っちゃった部分がかぶれてひどい状況でした。

手の甲とか、あとは今回は顔もひどくて、

もうね、人相変わっちゃうレベルに真っ赤になってしまって、いやー、ひどかったですね。

キャンプから帰ってきて3日後くらいに連休が終わって、うちの旦那さん出勤だったんですが、

ひどすぎて1日休みましたからね。

本当に、目も晴れてまぶたが目にかぶさる感じでした。

で真っ赤で、知らない人が見たら「え、どうしたの?大丈夫?」ってなるレベルだったんですよ。

むしろ顔が変わりすぎて、誰だかわからない感じでした。

ほぼ普通の状態ってところまで戻るのに2週間とか3週間とかかかったと思います。

ほんとひどかったね。


うちの旦那は前も、今回よりは軽かったけどポイズンオークでかぶれたことがあって、

そう考えると、私は一回も症状が出たことがなくて、

偶然触ってないだけなのか、

もしくは私が注意力が高くて素晴らしい回避能力があるのかわからないんですけど、

もしかするとポイズンオークに対して人によって弱い強いがあるのかなーとも思ったりもしています。


ともかくね、ひどいと病院に行かなければならなかったりとか、

水ぶくれとかになってただれてしまったり、呼吸困難にまでなったりするケースも有るみたいです。

アメリカに住んでいる皆さん、ポイズンオーク、ぜひぜひ本当に気をつけてください。



★アメリカあるある

------

このコーナーでは、アメリカに住んでいる皆さんが、

あー、そうそう、わかるー

うん、それよくあるわーって共感するでだろう、

アメリカ生活についてのあるある話をシェアしています。


それでは早速まいりましょう、今週のアメリカあるあるはこちら

「お徳用パッケージの方が値段が高いってどういうこと?」


スーパーで食料品などを買う時、小さなパッケージ、小さなっていうか個数が少ない1個売り?バラ売りと、

大きなたくさん入っているパッケージだと、大きなそのパッケージ、何個も入っているパッケージの方がコスパって普通いいですよね。


例に上げると、何でもいいんですけど、

例えばジュースとか。

1本ずつバラで買うのと12本セットで売っているのを買うのは、

12本セットの方が1本あたりの値段は安いって、

思うでしょ。

それがまとめ買いってもんですよね。

世界の常識がそうだと思ってたんですよ、私。


それがね、気をつけて、皆さん。

アメリカでは必ずしもそうではないんですよ。

何やそれーって感じじゃない?


結構頻繁にあるんですけど、

アメリカは大家族も多いですし、

普通の家庭でも買い物するときは大量に買うってう人が多い

なんかね、買いだめするのが好きらしくて。

ストック好きなんですよ、アメリカの人って。

だから、それを見越して、スーパー側も売る側も、みんな迷わずそのセット売りの大容量を買うかから

「じゃあこっちの方を高くしちゃおう!」って感じなんですかね。

ちょっとわからないんですけど。


私が話したいポイントとしては、さっきのジュースの話じゃないですけど、

その1本売りで買うジュース、バラ売りで買う1本のジュースの値段と、

12本入ったセットの、12本セットパッケージの価格が、

1本あたりの値段がその12本セットの方が高いんでしょ。

たまに。たまにっていうか結構な頻度で。


1本あたりの値段が同じだったらまだ分かるんですよ。

1本で買っても、12本セットで買っても、まあ1本あたりの値段は同じ、

別にどっちがお得ってわけでもないっていうんだったらわかるんです。

でも、1本で買ったほうが安いってことがあるの。

おかしくないですか?これ。



私達は夫婦2人なので基本的には何でもバラ買いなんですが、

でも私安くお買い物するのが大好きなので、

良く使うようなものならね、何本セットとか何個セットで買っちゃおうかなーってアメリカに来た時は思ってたんですよ。

節約節約と思って。


でもよーく値段を見ると、待てよ待てよ、ってなるの。

なんでバラ売りのほうが安いのーーーーみたいな。

もう謎なんですよ。

皆さんそういう経験ありますか?


だから日本にいる感覚で、大容量、たくさん個数が入っている方がお得だと思いこんでしまって、

何も値段も気をつけて見ずに買っちゃうと、そっちの方が高いってことがあるので、皆さん、気をつけてください。


だってさ、普通、お徳用だからさ、

ま「お徳用」なんて書いてあるかどうかなんて知らないけど

そうだよ「Value pack」とかって書いてあるの。

だからお徳用だと思うじゃない、でもそっちの方が高かったりするから。


個数もそうだし、内容の何個って数えられないものも気をつけた方がいいです。

例えば何でもいいんだけど、小麦粉が小さな500グラムの小麦粉のパッケージと2キロとか入っている小麦粉のパッケージだったら、

普通2キロの大容量の方が安いでしょ。

でも、500グラムの方が安かったりするんで。時々。

ほんと、みなさんね、注意して値段見たほうがいいですよ。

ということで、今日のアメリカあるあるは、

「お徳用パッケージの方が値段が高いってどういうこと?」

でした。

私は怒っている!プンプン!




★私変わった

-------

このコーナーでは、

私がアメリカに来てから、自分で、あー、変わったな、私。と思うところ、思うことなどをご紹介しています。

ただ、私アメリカ生活歴イコール結婚生活歴でもあるので、

アメリカが私を変えたのか、結婚生活が私を変えたのか、が微妙な時もあります。


以前ののエピソード、エピソード87では

アメリカに来てからよく食べるようになったものというのをお話したんですけど、

せっかくなので、その反対で、

今日はその逆、

アメリカに来てすっかり食べなくなったものについてお話したいと思います。



いやー、

考えるとね、たくさんあると思うんですよ。

基本は日本とかアジア特有のものが多いと思うんですけどね。


まずは、お魚系全般ですね。

やっぱお魚の消費量は目に見えて減りましたね。

まず手に入りにくいというのが当然ありますけど、

でもサーモンとか、白身魚は普通のスーパーに売ってますし、

ちょっとね、鮮度の面では若干、いや若干という、かなり心配ですけど、

それでも売ってはいますね、普通のスーパーでも。

あとは良く食べるのはサバの塩焼きなんですけど、

塩焼き用のサバが冷凍になって韓国スーパーで売ってるんですよ。

すごいお手軽なので、それは良く食べます。


大きな街の大きなアジアスーパー、中国系・韓国系・日経もそうですけど、

行けば色々なお魚買えるんですけど、

自分で料理する魚は限られていて、

サンマは時々買いますけど、そのくらいですかね。


もともと日本に居た時からお魚料理がそれほど得意ではないっていうのもありますが、

日本だとね、外食をするときに良くお魚食べてた記憶があるんでけど、

定食屋とか居酒屋とかで結構食べてましたね。


好きだったんですけど、

現在、こっちアメリカでは、家でもあまりお魚食べないですけど、

まあでも家の方が食べますね。外では全然魚食べないです。

っていうか、お魚料理を出すレストランが少ないですよね。

お魚苦手っていう人たくさんいるしアメリカの人は。

レストランも、お魚料理おいているところもありますけど、

値段がね、高いですよ。

我が家の経済状況では難しいですね。気軽に外食で魚食べれないです。


だから食べなくなった魚料理っていうのは数しれず…ですね。

何かなー。

日本の魚料理が多いんですけど。

アジフライ、アジフライ美味しいよねー。

あとホッケとか、あと煮付け系かな。

私静岡なので、静岡の居酒屋ってキンメの煮付けとかがねけっこうあってね。

美味しいですよねー。いいねいいね。

あー、食べてないなぁ。


あともちろん美味しいお刺身も全然食べてないです・

カリフォルニアなのでね、アメリカ中南部あたりの田舎にくらべたら

お刺身もお寿司も食べようと思えば食べられるんですけど、

値段と品質を見比べると食べる気にあまりならず、食べてないですね。

いやー、お魚。

食べたい、食べたいです。



それから野菜も物によっては食べないものありますね。


例えばきゅうり。

アメリカのキュウリって、すごく太いんですよ。ズッキーニみたいなキュウリが一般的で、味があんまり美味しくないんですよね。

アメリカのキュウリじゃなくて、Persian?キューカンバーかな。

ペルシャ?のキューカンバー?っていうのがあって、

トレジョとかに売ってたり、あとはアジア系のスーパーに売ってたりするんですけど、

比較的日本のきゅうりと似てて買うんですけど、

あんまり私トレジョに行かないので、アジア系のフィリピーノマーケットとかインド系のマーケットに行くことが多いんですけど、

日本のキュウリと似てて買うんですが、鮮度がいいときと悪い時が激しいんですよね。

必ず食べたいなーと言うときに鮮度がいいペルシャンきゅうりが手に入るわけではないので。

難しいんですよね。


コリアンストアに行くと、たまにJapaneseキューカンバーって書いてあって日本のキュウリが売ってることもあるんですけど、

時々なのでいつもではないですし。

キュウリはやっぱり日本のキュウリが美味しいと思いますよ。



あとは長ねぎ、食べないですね。

青ネギはあるんですけど、

長ネギはねー、アメリカの普通のスーパーでは売ってないです。

リークっていう、長ネギに近い野菜はあるんですけど、ちょっとね違うんですよね。

でもリークも色々もっと使いたいなーと思ってはいるんですけど、実際はあまり毎日の料理には使ってないかな。

もうちょっと色々挑戦していきたいな。


でも長ネギって欲しいなって思うことが結構あって、

お鍋する時とかね欲しいですし、

焼き鳥をするとき。

そう焼き鳥を家で焼くプチ七輪みたいなの買って、家で焼き鳥を…まだ数回しかしてないんですけど、することがあって、

そういう時も長ネギ、やっぱね、ねぎま作りたいし。

昔キャンプで焼き鳥やったこともあるんですけど、その時も長ネギもちろんなかったので、リークで代用しました。

でもやっぱり長ネギの方が美味しいと思うんですよね、ねぎまは。



あと里芋・山芋系も食べなくなりましたね。

ただね、最近、最近行く、あれはフィリピーノマーケットなのかな、で里芋を売っているのを発見して、

食べたらね、久しぶりに食べたんですよ、美味しいね。

ついね昨日、一昨日もお味噌汁に里芋入れたんですけど、ほっこりした。

落ち着くわぁって思いました。

普通のスーパーには里芋・山芋売っていないので、そういう特殊なアジア系のスーパーに行かないと無いですけど、

でも見つけたので、これからはちょくちょく食べようかなーって思いますね。

里芋とかね、煮っころがしのお惣菜がその辺で売ってるわけでもないですし、

マグロの山かけを居酒屋で食べられるわけでもないので、

自分でどうにかするしかないんですけど、

それでも売っていることに感謝をして今後色々食べていきたいと思います。



あとはきのこね、きのこ系。

アメリカではきのこといえば、マッシュル一択って感じなんですけど、

日本でよく食べるしめじとか舞茸、エリンギ、えのきとかは、日本に居た頃よりは食べなくなりましたね。

これもアジアンスーパーに行けば売ってはいるんですけど、鮮度や値段の問題がやっぱちょっとあって、

日本ってきのこってそんな高いイメージないけど、こっちだと、やっぱマッシュルームではなくてアジアで食べられているようなきのこ系はちょっと高いんですよね、値段が日本よりも。

だからちょっと買うのをためらってしまう私がいるわけですよ。


あとそれから、もやし。もやしね。

日本では節約ごはんの代表てき存在のもやしだと思うんですけど、

こっちは高いんですよ。

高いと言ってもべらぼうに高いわけではないんですけど、

アメリカの一般的なスーパー、チェーンのスーパーだと、1袋2ドル近くしますし、

アジアンスパーだとしても1袋1ドルちょっとはするかな。

量は日本の30円とか40円とかで時々安売りで売っているパッケージよりは多いとは思うんですけど、

でもさ、もやしにそんなにお金をかけたくないでしょ。


でも最近うちから近い1ドルショップ、100均みたいなところ、こっちの、に豆もやしが売っているっていうことを発見して、

韓国のパッケージなんですけど、韓国の人豆もやしけっこう、ナムルとか食べるからね。

だからだと思うんですけど、

1ドルショップで豆もやしが手に入るんですよ。

それはね、時々使うようにはなってきたんですけど、

でもやっぱり日本にいる頃とくらべては断然食べなくなりましたね。



食べなくなったなって思うものを今日みたいな感じでリストアップしていると

余計食べたくなっちゃうっていうね。

なんかちょっとこのコーナー失敗だったなって感じではあるんですけど。

だからまあ、恋しいなー、恋しいよね。


だから「私変わった」のコーナーではありますけど、

それと同時に「What I miss about Japan」っていう恋しいなって思っているものについて話すコーナーでもありましたね。

今回の「私変わった」のコーナーでは、

アメリカに来てから食べなくなった食材についてお話しました。



92 views

Recent Posts

See All

ep.134/ コロナ自粛Californiaの現在の様子

11月も気づけば第4週。アメリカは今週Thanksgivingですね。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 アメリカではThanksgivingは家族親戚が集まってターキーやらなんやら盛大なパーティーというかね、食事をするっていうのが例年の事だと思うんですけど、 今年はね、少し違いますかね。 やはりコロナの影響があって、近くに住んでいる家族なら集まる方たちも多いでしょうけど、 州を越えて移動しなければ

ep.133/ NATO phoneticコードって知ってる?

そういえば、ついこの前、 うちの甥っ子、私の姉の子供なんですが、大学に無事合格したとの連絡が来ました。 4月から東京で大学生やるんですって。 わー、おめでとう〜。 ってかびっくりなんですけど。甥っ子がもう大学生って、すごくない? 私と私の姉は5歳離れてるんですけど、にしてもね、 普段近くに暮らしてなくて全然会ってないので、つい最近生まれたと思ったら(まあそれは言い過ぎですけど)、もう大学生ですって

ep.132/ Mac vs Windows

まずお知らせがあります。 YouTubeで普段聴いてくださっている方はお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、 この4989のYouTubeチャンネルに、ポッドキャストエピソード以外のビデオをアップしました! 何のビデオかと言いますと、9月に温泉があるキャンプ場に行ったのですが、このポッドキャストでもねエピソード124でお話しました、 その時撮った写真をシェアしています。 え、写真?ビデオじゃ

© 2018 4989 American Life