Search
  • Utaco

ep.094 / 我が家のご近所さん

これを収録しているこの時期ですね、

コロナウィルスが世界中で猛威をふるっているんですけれども

日本でも大きな問題に今なっていますよね。

イベントが中止になったりとかね、色んな所で影響が出ていると聞いています。


一方アメリカはですね、アメリカ全土では、ニュースにはなっているものの、それほど皆騒いではいないという感じなんですが、

ただ私が住んでいるカリフォルニアというのは観光地でもありますし、あとは移民もたくさんいるので、そういった面では他のところに比べては皆少し敏感になっているかな…という感じではあります。


アメリカと日本とか東アジアの大きな違うところなんですけど、

みんなマスクをしないんですよ。

日本とかって冬とかの季節になると、あとは花粉の季節もそうですけど、

道行く人皆マスクしてるじゃないですか。

だけどこっちの人って全然マスクしないんですよ。

もしも自分が風邪ひいてたりしても全然しないです。


なので、一応とか思ってマスクとか付けたりすると

「え、どうしたの?」みたいな。笑

「なんかすごく思い病気にかかってるの?え?近くに居て大丈夫?ちょっと怖いんだけど」みたいな。

なんかそんな反応をされるんですよ。

だからなんか違うなと思って。


私の友達が、その子はアメリカ人の旦那さんと結婚をしていて、

そのアメリカ人の旦那さんが、語学学校?語学学校というかあそは大学かな?

ちょっとレベルの高い語学学校がうちのエリアにあるんですけど、

そこで中国語を習っていて、

で中国語を習うアメリカ人もいれば、英語を習う中国人もいるような、

アメリカ人・中国人がミックスしているような環境にいるんですって、その旦那さんが。

でちょうど旧正月が終わって中国に戻ってた中国人の学生たちが中国からつい最近戻ってきて、

なので学校側も、え、これはちょっと大丈夫?って感じで、

2週間くらい自宅でのオンライン授業みたいなのに切り替えたんですって。

念の為。


その友達夫婦は、念には念をで、念の為マスクを付けようかなっていって付け始めたらしんですよ。

そしたら、その友達、私今ESLを一緒に受けているんですけど、

この前ESLのクラスにその友達がマスクをして朝登場したら、

皆がなんか、ぎょぎょっ。みたいな。

「どうしたの?大丈夫?まさかなんか、え?もうコロナウイルスもうかかっちゃってる?」みたいな、

そういう感じの反応で、皆が。

なにそれ!と思ってびっくりししました。


そんな感じでアメリカと日本って、マスクひとつとっても

習慣が違うんだなって思った、最近であります。

皆さんもね、コロナウイルスに限らず、インフルエンザも日本もアメリカも流行っているので、どうぞ気をつけて、

手洗いうがいをしっかりしましょうね。


今日のエピソードでは、

我が家のご近所さんについてちょっとお話をしたいと思います。

その他英語の話のコーナー、my favoriteも予定しています。

皆さん最後まで聞いてくださいね。



★我が家のご近所さん

ということで、本日はうちの周りに住んでいるご近所さんについてちょっとお話をしたいと思うんですけど、

私ずっと、もう少しご近所の方々と仲良くなりたいなーと思っているんですけど、

私のアメリカの近所付き合いのイメージって、結構もう周りの人みんな名前も知ってて、すごく仲良しで、週末には一緒にバーベキューやっちゃうみたいなそんなイメージなんですけど、

皆さんないですか?


なんかお庭の花に水をあげてたら、ちょうど隣のボブも庭の芝刈りをやっていて、

「Hi BOB!」みたいな。

「Hi, What’s up うたこ〜」みたいな。

そういう近所付き合いのイメージがあるんですけど。


ま。とは言え、私達夫婦は今アパートに住んでいまして、

うちの周りのアパートって結構出入りがあるんですよね。人の。

住んでいる人が結構変わったりするので、家の周りで誰かに会っても、

その人がうちのアパートにアパートに住んでいる人なのか、

住んでいるとわかっていたとしても、その人がどこの部屋に住んでいる人なのかとかがわからないことがほとんどなんですよね。


なのであんまり名前と住んでいる部屋が一致する人なんて、

もう皆無に等しいんですけど、


そんな中でも毎日というか、日々挨拶をしたりとか会話をする人も何人かいまして、

一番挨拶をするのは、向かいに住んでいるオッサンなんですけど、(オッサンって言っちゃった笑)オジ様なんですけど、

うちのアパートのお向いは一軒家が並んでいるんですが、

ほんとにうちのドアから出た真正面に住んでいるオジ様、名前は忘れちゃったんですけど。

その人とは結構挨拶もするし、結構話もします。


そう、向こうは何回も名前確認してくれて、聞いてくれるんですけど、っていっても向こうも私の名前多分覚えてないんですけど。毎回確認されるから笑。

私はね、そのー名前を聞くタイミングを逃してしまって、

そのオジ様の名前わからないんですよ。

そういうことありませんか?


そういうところだよね…って思ってて。

名前、相手の名前を覚えるってことをね、今年2020年もうちょっと意識したいなーと思っている所でもあるんですけど。


アメリカの人って、会話の中で相手の名前を言うことがけっこう多いとおもうんですよね。

ほんとちょっとした時。

Goof morningうたこ!とか、

Thank you うたこ!とか、

What do you think うたこ?とかいう感じで、

ちょっとした文章の後ろに相手の名前をつけて言うことが多い気がするんですけど、

しませんか?


で、私これすごく好きな所で、

やっぱ名前を言ってもらえると会話をしていてすごく嬉しいんですよね。

だからね、向かいのオジ様の名前もね、

お名前呼びながら会話をしたいなーと思うんですけど。笑


話それましたが

向かいのオジ様が、

もうお仕事とかはリタイアしていて毎日家にいるみたいなんですけど、

この人とは顔を合わせるたびに毎回笑顔でいい雰囲気で挨拶しますね。


最初どんな感じで話すようになったかというのは忘れちゃったんですけど、

このアパートに引っ越してきてすぐに気づいたのが、

そのね、オジサンが、毎日気づくと家の前で犬と座ってて、

最初は犬と遊んでいるのかなって思っていたんですけど、

なんかね、あまりにも家の前にずっと居て、

なんかちょっと監視されてる風なんですよね。

別に我が家がとかではなくて、なんか家の周りを普段からチェックしているような感じのイメージを受けて。

変な路上駐車の車が無いかとか、変な人が居ないかみたいな感じを

目を光らせている感があったんです。


で、どのくらい経ってからかな、

半年、1年くらい経ってから、なんかのタイミングで話すことがあって、

多分ね、私達がアジア人の夫婦2人で住んでいるっていうのは、

多分知ってて、毎日そのチェックしているからね、家の前で。

最初何人だ?って聞かれて。

って中国人か、韓国人か。って聞かれて。

で、まあ日本人だっていう話をしたところ、

そのオジ様もミリタリーに居たことが会って、

日本にも少し住んでいたことがあったとか、ハワイにも何年も住んでいたーとかいうことがあったみたいで、

比較的日本にいい印象を、好印象持たれているようでね、

その後はちょくちょく挨拶をするようになったり、あとは話をけっこうするようになりました。


うちの旦那さんもね、そのオジサンと挨拶したり話すようになって、

でもね、やっぱりちょっと

見られてるというかね、監視されてる感がちょっとあって、

いい人なんですけどね、ホント、いつも笑顔でいい人なんですけど、

わかります?この感覚。


前にね、ちょっと前に、4泊か5泊の旅行に我々夫婦行くことがあって、

けっこう大きな荷物で、

明らかに旅行に行きますみたいな感じで荷物を出して車に載せようとしてたら、

ちょうどそのオジサンがいつものごとくお家の前にいらっしゃって、

旅行にいくの?

どこにいくのー?

何しにいくのー?

何泊なのー?

みたいなことをすごく聞いてきて。

そしたら

「OK、任せて!家の周りのことは keep my eysしとくから」

みたいな。

「いない間は、ちゃんと変な人が居ないか見とくから、安心してね」

みたいな感じで言われて。笑


ううーーん。

頼んでないし〜。

って思いながらも、

「あ、ありがとー」

って感じになったりもしました。


そんな感じでね、向かいのオジサンとは話してて。



あと同じアパート内だと、

うちの横、お隣さんね。比較的若いご夫婦が小さな子供と一緒に住んでいるんですけど、

何かアパートのことで何か誰かに聞きたいなーみたいなことがあると、

そのお隣の夫婦の所に聞きに行く感じですかね。

ちょっとね名前知らないんですけど。

だからそんなに深く仲良くはないんですけど。

特にその家の旦那さんとよく挨拶するかなー

あとはうちの旦那もなんか車のことでそのお隣の旦那さんにきいたりとかもしてたりして。

もう少し親しく、せめて名前を呼び合うくらいの間柄になりたいなって感じなんですけど、

まだそんな親しくはないですね。


あとはアパートの人たちは、近くの部屋に住んでいる人たちとは

顔を見合わせると一応挨拶はするんですけど、

でもやっぱり始めの方に言ったように、はっきり、この人はどの部屋に住んでいるって一致する人はほんと少ないんですよね。


中には、2階のね、どっかの部屋に住んでいる、

ジェシーさんっていうね、どっかの家のおとうちゃんがとてもいい人で、

ジェシーはね、多分ね、野菜の加工工場とかに勤めているのかな。

パッケージングされたサラダキットとか、オードブル用の野菜スティックの詰め合わせとか、たぶんそいういうのを作っている仕事をしていて、

そういう所に勤めていて、

時々ね、野菜くれるんですよ。

ありがたやー。ありがたやー。

「もらってきたんだけど、こんなにうち食べないからー。

野菜すき?」

とか言って。

ある日からくれるようになって。

最近冬になって季節じゃないのかくれないんですけど。


ちょっとね、またね、野菜お待ちしていまーすって感じなんですけど。



あと同じく2階のどっかに住んでいる、ザックっていう、これまたなかなか飛ばした格好と髪型をしている、

何歳なのか年齢不詳なお兄さんと言うか、オジサン?がいるんですけど。

も、一応挨拶しますね。

前にうちの旦那さんがちょっと何かをそのザックと話したとかで、

そこからきっとうちの旦那も挨拶するようになったり話したりしているんでしょうけど、私も挨拶をするようになりましたね。


そう、気づいたんですけど私。

なんかうちのアパートの人って、なぜか、

奥さん達よりも旦那さん達の方が感じよくて、挨拶してくれる人が多いような気がするんですよね。

ちょっとね、奥さんたちはね、

ツン!みたいな。ツンケンしている気がするんですよね。

わからないですけど。私の勝手なイメージかもしれないです。

まあね、人間関係というのはね、自分が壁を感じてしまったり壁を作ってしまったりすると本当に壁ができてしまいますからね。

常にオープンで。来るもの拒まずで、周りの人とは仲良くしていきたいなとは思うんですけど。


あといた、ご近所さんでお話しなければならない人がまだいた。

それが、うちの部屋の上の階に住んでいるの人、ほんと真上に住んでいる人。


前のうちの真上に住んでた人の話はしましたっけ?ポッドキャストで。


前は50,60手前くらいのご夫婦2人が住んでて、

すごく静かな人たちで、会えば挨拶するし、奥さんの方はニコニコして「How are you?」って良い感じの人達だったんですけど、

ある日ね、気づいたら、真上のご夫婦のおうちの家の扉の前に

張り紙がしてあって、

あとドアの鍵もアパートの管理会社の大きなカギがガシャンって取り付けられてて、

張り紙曰く、

そこに住んでる人○○さん、もしくは〇〇さんを知っている人は連絡してくださいて的な。

そう、あくまでも私の想像なので私の想像をあまり全世界に発信してもどうかとは思うんですけど、

家賃をね、結構滞納しているってきいたことがあったので、

払えなくなって追い出されちゃったのかなーっていう感じだったんですけど、

管理会社の鍵がされちゃって中に入れないようにされちゃってて、

アチャーみたいな。


ま、そんな事があって、数日して、アパートのお部屋のクリーニング業者が来てて、

その時にちょっと覗きに行ったら(覗くなよって感じなんですけど笑)

覗きに行ったら、もうお部屋の中が空っぽで

きれいになってて、

あららら。みたいな。

引っ越したのか、追い出されたのかは謎なんですけど。


で更に半月くらいした後に

今住んでいる新しい人達が越してきたんですよ。


何人かね顔を合わせるんですけど、

実際どの人が本当に家の真上に住んでいるのかっていうのが、合計何人住んでいるのかっていうのがわからないんですけど、

特徴としては、

とにかくうるさいんですよ。

どったばた、どったばたしてて。

そんなね、大きなアパートの部屋でもないのに

端から端までバーーーって走る音とか聞こえて。

一体何が起こっているんだ。みたいな。


前友達が日本から、いくこさんね、友達がうちに泊まっていたときも、

すごいうるさすぎて、

「これは今、2階ではテコンドーの練習してるんだね笑」みたいな。

そう話をまとめていました。

毎日のようにうるさいから。

「今日もテコンドーの練習に余念ががないねー。精が出るね〜」みたいな感じのことをね。


ドーーン。

ドタバタドッターン。って感じで。

すごいうるさいんですよ。


時々子供を見かけるので、

その子供が住んでいるのか、友達のこどもなのかはわからないんですけど、

その子供が走り回っているのかなーと思うんですけど。

みたいあ。

どうやったらそんなドタバタ、こんな大きな音を出せるんだっていレベルなんですが。

特に前に住んでいたご夫婦が静かだったっていうのもあるんですけど。


あとはね、その上の階の人がタバコとマリファナを吸いまくってるんですよね。

まあこれ全然私のビジネスではなくてどうでもいいことなんですけど。

しかもね、タバコもそうだしマリファナも今カリフォルニアは合法なので、

別に吸ってても問題ないし、街中に今マリファナ屋さんがあるレベルなので別にどうでもいいんですけど、

とにかくね、でもね、吸いすぎているんですよ。

一応ねベランダに出てタバコやマリファナを吸うっていう習慣があるらしくて、その

ベランダに出る窓がね、

ガラガラって開く音が毎日頻繁に聞こえて、

そんなね、上の階の人の生活をいちいち気になよって感じだと思うんですけど、

本当に早朝から夜中まで、本当に頻繁にガラガラガラガラってその

ベランダの窓が空いて、

だから気になっちゃうんですけど。


でね、マリファナを吸う時にね、すんごい咳き込むんですよ。

心配になるほど咳き込んでて。

そんな咳き込むなら吸わなきゃ良いのにっておもうほど。

なんか最初の方は心配してたんですけど、

もう毎日のことだから、逆に咳き込んでると、

今日も元気にマリファナ吸ってるね。って安否確認みたいになっちゃってる感じなんですけど。


その人達の車がこれまたボロボロで

バンパーも外れかけててガムテームで留めてるし、

助手席の窓もね、

クモの巣状にバリーンってヒビが入ってて、何か石でも投げられたのか?っていうレベルに、

亀裂が入っていて、ちょっとなんか色々な意味で心配なお二階さんなんですけど、


ま仲良くしていけたら良いんじゃないかなって思っています。



あとはどの部屋に住んでるのかわからかないけど

よく挨拶するおじいちゃんがいたりとか、

前まではもうひとり、すごく笑顔のかわいいスペイン語を話すおじいちゃんがいたんですけど、

ここ半年くらいで見かけなくなってしまってね。

あ。みたいな。

ちょっと心配なんですけど。


そんな感じで、話す人挨拶する人はいるけど、

もっと信頼できるっというかね、

何かあった時に頼れるような、そういう近所付き合いをしたいんですけど

なんか難しいなーみたいな。

ちょっとご近所の構成的にね、なんか難しいなーっていう。感じなんですけど、

そんな感じの私のご近所でした。


皆さんの家の周りに住んでいるご近所さんはどんな方々ですか?

何か面白いエピソードがあれば、ぜひシェアしてください。


224 views

Recent Posts

See All

ep.134/ コロナ自粛Californiaの現在の様子

11月も気づけば第4週。アメリカは今週Thanksgivingですね。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 アメリカではThanksgivingは家族親戚が集まってターキーやらなんやら盛大なパーティーというかね、食事をするっていうのが例年の事だと思うんですけど、 今年はね、少し違いますかね。 やはりコロナの影響があって、近くに住んでいる家族なら集まる方たちも多いでしょうけど、 州を越えて移動しなければ

ep.133/ NATO phoneticコードって知ってる?

そういえば、ついこの前、 うちの甥っ子、私の姉の子供なんですが、大学に無事合格したとの連絡が来ました。 4月から東京で大学生やるんですって。 わー、おめでとう〜。 ってかびっくりなんですけど。甥っ子がもう大学生って、すごくない? 私と私の姉は5歳離れてるんですけど、にしてもね、 普段近くに暮らしてなくて全然会ってないので、つい最近生まれたと思ったら(まあそれは言い過ぎですけど)、もう大学生ですって

ep.132/ Mac vs Windows

まずお知らせがあります。 YouTubeで普段聴いてくださっている方はお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、 この4989のYouTubeチャンネルに、ポッドキャストエピソード以外のビデオをアップしました! 何のビデオかと言いますと、9月に温泉があるキャンプ場に行ったのですが、このポッドキャストでもねエピソード124でお話しました、 その時撮った写真をシェアしています。 え、写真?ビデオじゃ

© 2018 4989 American Life