top of page
Search
  • Writer's pictureUtaco

ep.259/テーブルの上にイスを乗せる

12月ですよ、皆さん。12月。

早い。

今年もあと1ヶ月ですね。

私の12月はとても忙しくなりそうです。

前半は会社を辞める日が近づいているので、ちょっとそわそわしつつも引き継ぎをしたり、

そして後半日本に一時帰国をする準備や、アパートの掃除もちょっとしたいんですよね。

で、後半は一時帰国ですよ。

とっても楽しみなんですけど、ちょっとまだ滞在中のスケジュールが全然決まっていなくて、どうなるか未定の部分が多すぎるんですが、美味しいものをたくさん食べて楽しみたいと思っています。


12月といえば、私は今年の目標の振り返りとか、来年の目標や抱負を考えたり毎年必ずしているのですが、それも時間を見つけてやっていきたいですね。


皆さんはどんな12月にしたいですか?

今月の予定や、皆さんが毎年12月にしていることなどあれば、ぜひぜひ教えてください。


さて今日のエピソードでは、アメリカあるあるでよくアメリカ見かける、ちょっと嫌だな、と感じることについてお話ししたいと思います。

その他、アパートについての不満をちょっと皆さんに聞いてもらいたいと思うので、その話も予定しています。


★アメリカあるある

---------------------

このコーナーでは、アメリカに住んでいる皆さんが、

あー、そうそう、わかるー、うん、それよくあるわーっと共感するであろう、

アメリカ生活についてのあるある話をシェアしています。


それでは早速参りましょう、今回のアメリカあるあるはこちら

「掃除をするためにテーブルの上に椅子を一時的に置く時、椅子の足が直接テーブルに接するように置かれているのを見ると、なんか嫌だなぁ。と思う」

あるあるあるある


この前インスタやツイッター、Xですね、にも写真載せたんですが、

今日はアメリカで時々見る、日本ではこれやらないよね、という事についてお話ししたいと思います。

日本では普通はあり得ないし、これを見たときに、ちょっと嫌だなぁ、ちょっとやめて欲しいな、と思うことなんですど、


アメリカに住み始めて以来、時々見る光景なんですよね。

つい最近もそれがあったので、ちょっと今日はお話ししようかなと思いました。


今私が働いている会社のオフィスっていうのは、大きなビルの中に色々な会社が入っているタイプのオフィスで、

お掃除の人、掃除会社があって、毎日各オフィスのゴミを集めたりとか、掃除機をかけてくれたりとかしてくれています。


だいたい掃除って、夜の、みんながもう帰った後の時間帯にその掃除チームの人が各オフィスを回ってくれるんですけど、

この前、会社に朝行ったら、その光景があってですね。


うちのオフィスは、みんながそれぞれ仕事をする個人のデスクがあって、パソコンが置いてあったり、引き出しがあるっていう、よくあるオフィスの普通のデスクですね。

それらがあって、

それとは別に少し離れたところに休憩を取ったり、ランチ、お昼ご飯を食べたりする、それ用のテーブルと椅子が置いてあるスペースがあるんです。

そのテーブルと椅子はごく簡易的なもので、普通の家にあるような、IKEAに売ってるようなテーブルと椅子のセットなんですけど。


あ、ちなみに知ってます?

日本ではIKEAの事、IKEAって呼ぶじゃないですか、アメリカでは「アイ・キア」って発音するんですよ。

ちょっとした小話。


話戻りまして、その休憩をのテーブルと椅子があるんですけど、

この前朝出勤したら、テーブルの上に椅子が乗ってたんです。

要は掃除会社の人が前日の夜に床の掃除機かけてくれたってことなんですけど、

掃除機かけてくれたのはいいんですけど、

テーブルへの椅子の乗せ方がちょっと嫌だなぁと、思ったんです。


ほんとね、いつもながら説明が下手で申し訳ないんですけど、

床に置いてある椅子をそのままの向きでテーブルの上に置いてあったんですね。

大丈夫ですか?皆さんイメージついています?


何が嫌かっていうと、椅子の脚って床に接してるじゃ無いですか。で、床にあまり綺麗イメージがないので、その床の汚れがたくさんついた椅子の脚がテーブルの上に直接乗っている、接しているっていう状況が、

どーしても、受け入れられないというか、

何かちょっと嫌だなーという。


たぶんこれ、気にしない人は全く気にしないと思いますし、別にこれが普通の人、アメリカではこれが普通なのかな?別に普通だし!っていう人もいると思います。

日本人でも気にしない人はもしかしたら全然気にしないのかもしれないですけど、わからない。

私はね、ちょっと嫌なんですよね。


日本では、こういう場合って、椅子を上下逆さまにして、座面、椅子の座る部分をテーブルに引っ掛けるようにして乗せるんですよね。


日本の方だったら、日本ではこのやり方が多いからわかると思うんですけど、日本人以外のリスナーさんにこれが伝わってるかが微妙なんですが。

この日本のやり方も、先日一緒にインスタ、Xに載せたので気になる方はぜひチェックしてみてください。


とにかく、日本とアメリカで、テーブルの上への椅子の乗せ方が違うんですよ。


やっぱり床って、色々な人が色々な状態の靴で歩いてるんですよ、日々。

だってトイレに行って帰ってきてその辺歩いているし、

色々なゴミも床に落ちているし、

みんな外からオフィスに来る時だって、その前、どこを歩いてきたかわからないですよね。色々なものが靴の裏にくっ付いているわけですよ。


床って、やっぱり衛生的じゃないと思うんですよね。

その床と接している椅子の脚の部分をそのままテーブルの上に置くのは嫌ですよね。


たぶんそういう考えのもと、日本では椅子の座る部分を机のテーブル面に接するように、椅子を上下逆にupside downに乗せるようにしている、と私は理解しています。


私はその日本ルールで育ってきたので、

アメリカで、普通に椅子がそのまま、いつも床に置いてあるのと同じ向きで机の上に乗っているのを見ると、すごく違和感を覚えるんですよね。


掃除をする目的で、一時的に椅子をテーブルの上に乗せているだけなので、

掃除が終わったら戻して、その後テーブルの上を拭けばいいじゃんって話なんですけど。

いやそうなんですよ。そうなんですけど、気持ち的に、なんかちょっと嫌だなってやっぱりなるんですよね。


そんなこと言ったらね、

「いやいや、いろんな人が座る椅子の座面、椅子の座る部分だってそんなにきれいじゃないでしょ。

洋服にだって色々な汚れがついてるし、しかもお尻が接している部分をテーブルに乗せるって、ちょっとそれも気持ち的に嫌じゃない?」

って思う人もいると思うんですけど。

でもね、別にお尻がそのまま裸の状態で、お尻丸出しで椅子に座ってるわけじゃないでしょ。

みんなパンツ、下着を履いて、服を着て座っているわけでしょ。

もちろん服もね、めっちゃきれいなものではないと思いますし、服にだって色々な汚れが付着しているとは思いますけど、

いや、靴の裏よりかは、床よりはきれいなんじゃないかなって思うんですけど、

どうですか?

この気持ち、わかっていただける方はいますでしょうか?



つい最近、オフィスでその椅子が乗ってる光景を見たので、今日この話をしようって思ったんですけど、

これまでもね、時々目にしてきたんですよ。その度になんか嫌だなぁと思ってたんです。


特にレストランとか、カフェとかで、

営業時間前とか営業時間後とかで、掃除のために椅子をテーブルの上に上げてたりするんですけど、

そういう飲食店で、椅子をそのままテーブルの上に乗せてるのを見ると、

えーーーーーーって思うんですよね。


飲食店ですからね、その後しっかりテーブルも拭くと思うんですけど、

やっぱりそれでも抵抗があるなぁ。


それから学校ですね。

学校でも同じで、掃除をする目的なんですけど、椅子をテーブル、テーブルっていうか机ですね、の上に乗せるんですが、

どんなデザインの机と椅子を使ってるかによっても違うかもしれないんですが、

やっぱり、椅子をそのままの向きで机の上に乗せるんですよね。


私からすると、

「大丈夫?子供なんてその辺ベタベタ触るし、そのままの手で何かを食べたりするのに、

本当にちゃんとその後きれいに机の上拭いてる?」

って思うんですけど、これが普通なんですよね。


日本では小学校、中学校って、あれ、高校もでしたっけ?

自分たちで教室の掃除をするじゃないですか。


で、小学校の時にみんな習ってるんでよね。

掃除で椅子を机の上に乗せるときは、その椅子をupside downにして座る面を机のところにひっかけましょうみたいな。

そこで、あ、机の上に、テーブルに椅子を乗せる時はこうするんだ、って植え付けられるというか、それが当然になるんですよ。


これ私の小学校だけじゃないですよね。静岡の小学校の話だけとかじゃないですよね。全国の小学校で同じですよね?

小学校の頃に子供の頃にそうやって教えられて、もう毎日毎日掃除をしてきたから、そういう感覚が染み付いてるですよね。


どうなんだろう。

アメリカで育ってきたっていう皆さんや、他の国の方、他の国の方の考えも聞きたいなぁ。


うちの旦那さん、日本人ですけどアメリカの小学校で先生をやっているので、もう慣れちゃったみたいで、あまり気にならないって言っていました。

そういうもんだと。


生徒が帰る時に、生徒に椅子を机の上に載せるようにって指示をすることもあるみたいで。

そう考えると、アメリカの子供達はそうやって教えられているから、

「掃除をする=椅子をテーブルの上に乗せる=椅子はそのままの向きで乗せる」

って、それが当然になっているのかもしれないですね。

面白いですね。


どうですか?

椅子の乗せ方について、同じように考えている方、いらっしゃいますか?

私と同じように感じている方もいれば、逆に日本に住んでいる外国人の方もこの4989けっこう聴いてくれているんですが、

え、何で日本って、椅子の座る部分を机に乗せるの?だってずっとお尻が接している部分だよ。

臭い!日本のテーブルくっさーい!って思っているかもしれないですよね。

ぜひコメントやメッセージで皆さんの考えを教えてください。



-----------------

最近、私の住んでいるアパートで、なんだかなぁ…ていう、そんなことある?っていうことがあったので、皆さんちょっと聞いてください。


私達夫婦、今アパートに住んでいるんですけど、私たちの部屋?ユニット?は、2階にあります。

で、私たちのすぐ下、1階部分は住居ではなくて駐車場、ガレージになっています。


各ユニット毎のセパレートしたガレージではなくて、横長のスペースに何台か、車が止められるようになっているスタイルです。

要はアパートの建物の1階部分がすっぽり空いていて、何の仕切りもなくて、そこに車を止めるようになっています。

けっこうアメリカではこのスタイルのアパートありますよね。


ちなみに私たちの車は別のスペースに駐車場が割り当てられているので、うちのユニットのすぐ下だからうちの車が止めてあるってわけではありません。

別のその辺の誰かの車が止まっているんですけど、とにかくそういう造りなんですよ、うちのアパート。


結構気に入っているです、この造りが。私たち。

アパートの2階ってどうしても足音とか生活音とかが下に響くので気を遣うじゃないですか。

でも、今のアパートみたいに下が駐車場ならそういうのを気にしなくてもいいですし、

普段下で車が出たり入ったりしていく音も気にならないですし、普通に住みやすくて気に入っています。


が、しかし、先日、衝撃のニュースを聞いたんですよ。


なんとうちのユニットの下、今駐車場スペースになっているところですね、そこに新しく人が住む用の部屋を作るらしいんです。

え?って感じじゃないですか?

工事するんですって。

「するんですって」っていうか、もう少しずつ始まっているんですけど。


よく考えてみてくださいよ。

今、ただ駐車場になっているところから、人が住む部屋にするって、なかなか大掛かりな工事よ。

壁だって窓だって、今何もないし、水回りとかどうすんのっていう。


そんな大きな工事をするとなると、すぐ上に住んでいる私たちの部屋、ユニット、めっちゃうるさくなると思うんですよね。

えー、嫌だー。

どのぐらいの期間かかるんですかね。


うちの猫たちも、いつもは1日のほとんどをお昼寝して過ごしてますけど、うるさくて寝れないんじゃないかなって心配しています。

同じように1階部分が駐車場になっている建物がうちと、あと2つあるんですよ。それぞれ1階分に2部屋ずつ、合計9部屋新しく作るんですって。

めっちゃ大掛かりでしょ。


何を心配しているかというと、

ほら、私仕事辞めるじゃないですか、もうすぐ。その後の仕事とかも今のところ決まっていないので、1月中旬に日本から帰ってきたら、少しの間、昼間家にいると思うんです。

その工事をしている、うるさい中で、私家にいることになるのかぁって思ったら、気分下がるぅ。


このpodcastとかも、今度から平日の昼間に収録できる!って、今までできなかった時間の使い方とかできるなって思っていたんですけど、絶対うるさいですよね。

「こんにちは、うたこです!」とかって言っている後ろで、ドドドドドドド。ギュイーーーン!みたいな音が聞こえてるんですよ。

最悪。無理よね。


あとタップダンスのオンラインクラスを平日にちょっとやろうかなって、計画を立てているんですけど、レッスンできない位うるさかったらどうしよーと思って。

えー、やだー。


コロナ以降、日本ではテレワークって呼ばれているんですっけ?家で仕事をしている人も結構いると思うんですけど、

うちのアパートの人でそういう人がどのぐらいいるのかわかりませんが、もしもいたら絶対迷惑ですよね。


しかも納得いかないのが、アパートのマネージャーとか、プロパティーマネージメントから正式な連絡が来てないんですよ。

「新しくユニット作るから工事します」っていう。


1、2週間前に、うちのアパートの敷地内の奥の方にある駐車場スペースをちょっと工事します。

っていう連絡はあったんです。


工事するから、車を止めている人は動かしてね。そうしないとレッカーするよっていう。

その駐車場の工事は二日間ぐらいで終わったんですけど、工事後の駐車場を見たら、今までと全く変わっていて。

今まではただ白い線が引かれていて、早い者勝ちというか、止めたいところに止めていいっていうスタイルだったんですけど、

新しい工事後の駐車場には、ユニット番号が振られて、止めるところ決まってます、みたいな。


それについての説明も全然ないし、え、なにこれ?って感じだったんです。

我々夫婦、その新しい駐車場を見に行って「これなんだろうね」って話をしていたら、

ちょうど常駐のメンテナンスのJose君がそこにいたので聞いたんですよ。

そしたら、その1階部分に新しいユニットを作るっていう話を聞いて。


その新しいユニットを作る1階部分、今は駐車場って話をしたと思うんですけど、

要は、新しい住居スペース、新しいユニットを作ると、今車を止めている人たちの新しい駐車スペースが必要じゃないですか。

そのためにその駐車場の工事してたんですって。

合計で約20台位が、今止めていたスペースから追い出されて、新しい駐車スペースに移動するんです。


でも考えたんですよ、今までその1階部分に車を止めていた人たちって、

屋根付きの駐車スペースだったわけですよ。

当たり前ですよね、その車を止めている上に階部分は普通にアパートなので、誰かが住んでいる部分なので、屋根っていうか、天井がある場所だったんですよね。


それが急に、

「あなたが今車を止めているところに、新しくユニットを作るので、今度からは奥の駐車場に止めて下さい」

て言われるんですよ。

新しいその奥の駐車場は屋根の無い、ただ広いスペースに白い線が引いてあるだけの屋外駐車場なんです。

なんか納得いかなくないですか?


しかも、その約20台分が、敷地内の奥の屋外駐車場に、新しく割り振られたので、

その屋外駐車場に今まで自由に止めてもいいよって言われて止めていた、約20台分が今度は押し出されるというか、止められなくなるわけですよ。

わかりますか?ところてんですよね。


我が家もそうなんですけど、車が二台あって、

1台は元々各ユニットに付いてくる、割り振られている駐車スペースがあるので、そこに止めているんですけど、

2台目はその奥の「自由に止めていいよ」スペースに止めていたんですね。

アパート全体で考えて、どう考えても今までと同じ台数を止めることができないので、溢れちゃう車が出てくるわけですよ。


はい、どうしますか?ってなるでしょ。

アパートの敷地の外の道路に止めるしかないんですよね。


アメリカっていうのは路上駐車が一般的で、特にこういうアパートってアパートの敷地内に止めることができる車の台数っていうのが結構限られているので、

アパートに住んでいて、2台車がある人が1台を路上に止めなければならないっていうシチュエーションは、よくある話なんですけどね。

でもね、今までは停められていたのに、いきなり急に止められなくなって、外の道路に止めなくちゃいけなくなるのって、なんかいやだなって思いますよね。


とにかく、やっぱり納得いかないのは、

オフィシャルなアナウンスメントが何もないっていうことなんですよね。


この前うちの旦那さんが近所のおばちゃんと話したら、そのおばちゃんたちも誰かから聞いて新しいユニットのこと知ってたみたいなんですけど、

みんなそんな感じなんですよ。

こんな大きな工事なのに、正式な連絡が来ないんですよ。そんなことあります?


その壊されちゃう1階部分の駐車場に止めていた人、今度から奥の駐車場に移動しなくちゃならないっていう人は多分ちゃんとした連絡があったと思うんですけど、

我が家だってね、十分関係があるというか。

だって家のすぐ下が新しいユニットになるから、これから数ヶ月間大規模な工事があるわけですよ。

更に2台目を止めていた奥の駐車スペースが、今度から停めることができる台数が減るから止められなくなるかもしれないんですよ。

結構大きな変化だと思うんですよね。

でも何の連絡もないんですよ。どう思います?

アメリカだなあって思いますよね。


この工事がどのぐらい続くか、全くわからないですけど、またどのくらいうるさいとかね、文句が出てくると思いますので、ここでまたお話しさせてください。

200 views0 comments

Recent Posts

See All

ep.286/引越し4つのピンチ

私が住むカリフォルニアでは、ここ最近猛暑注意報が出ていました。Excessive Heat Warning, excessive heat watchですね。 最近我が家は引っ越しをして新しいエリアに来たのですが、カリフォルニアといっても、日本の皆さんがイメージするビーチ、ヤシの木、みんながハッピーな雰囲気でイェーイ!みたいなエリアではなくて、 私が住んでいるのは同じカリフォルニアでも内陸、砂漠の

ep.285 / 引越し完了!

少し前から引っ越し、引っ越し、と何かにつけてお話ししていたのですが このたび無事に引っ越しが完了いたしました。 今回は比較的時間に余裕がある、なんて思っていたのに、やっぱり最後はバタバタと様々なトラブルもありつつ、でも、どうにか終りました。 ということで、今日から新しいこの家でpodcastを収録していきます。 エピソードとしてはちょっと短いエピソードになると思いますが、皆さん最後まで聴いてくださ

ep.284 / 恥ずかしかった出来事

約2週間後に控えた引っ越しに向けて、現在色々と片付けをしたり準備をしたり、バタバタしております。 前回のエピソードでは住むところが決まったという話をしたんですけど、 良さそうな所が見つかってホッとしたのもつかの間、引っ越しに向けて現在は具体的に動いています。 まず入居日、鍵をもらう日ですね、が決まって、 その鍵を受け取る予定の数日後に荷物を移動させる、実際の引っ越し日、引っ越し作業をする日を設定し

Comments


bottom of page