Search
  • Utaco

p.108/ 止まない雨はない、超えられない壁はない

このエピソードのアップロード日は5月中旬、2020年5月中旬ですが、

日本では大都市や感染が拡大しているところを除いて緊急事態宣言が解除となった?なる?だったり、

アメリカも州ごと異なりますが経済活動が再開されつつあり、

他の国でも、まだまだコロナの脅威は続いていますが、世界が次のステップに進もうとしている感じですね。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


今日のエピソードでは、コロナが落ちついたあとの、

いわゆる今巷でも言われてるAfterコロナってやつですかね、にやりたいこと、についてお話していきます。

その他my favoriteも予定しています。

★Afterコロナ、5感で楽しみたい

最近はですね、ちょっと前向きなことを考えよう、

今を乗り越えた後の楽しみを増やしていこうとしていまして、

やりたい事リストとか、行きたいところリスト作ろうかなーと思っていて。

そう、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私、リスト作るの大好きなんですぅ。

今日はね、ちょっと皆さんに喋りながら、

「この状況が落ち着いたらリスト」を作ろうと思います。

breweryビール屋さんにたくさん行く!

いやー、なんと言ってもこれですよね。

私はクラフトビールが好きなんですけど、

ビールそのものも好きで、もちろん家でも飲むんですが、まあ飲みすぎってほど飲んでるんですけどね。、

でもねぇ、breweryのお店の雰囲気もクラフトビールをこんなに好きになった理由の一つでして、

やっぱりお店にいってドラフトで飲むっていうのも楽しいんですよ〜。

Shelter -in Place、外出禁止になってから、breweryとかはクローズになっちゃって、

まあ、レストランもEat-inがNGになったくらいなので当然ですけどね。

Breweryによっては缶で売ってたり、グローラーって大きなボトルを持っていってそれに入れてもらって買えたりするんですが、

やっぱり元々のそこでグラスに入れてもらってそこで飲むっていうのが恋しいです・

住んでいるエリア、ローカルのBreweryにも行きたいし、

ちょっと足を伸ばして東西ベイエリアとかね、あとちょっと南の方とかにも行きたいなーと思っています。

そう、この前の年末年始で日本から友達が遊びに来てたんですけど、

こっちに滞在中にたくさんクラフトビールを飲んで、すっかりクラフトビール好きになって帰っていったんですが、

住んでいるのがさすが東京だけあって、

breweryたっくさんあるんですよね。

私達がサンディエゴで一緒に行って、デザインとかも大好きなミッケラーも渋谷にあるし、

けっこうアメリカのクラフトビール、日本でも飲めるんですよねー。

そして日本でもクラフトビール流行ってるから、Brewryやタップルームが至るところにあって、

頻繁にビール活動をしている友達の話を聞いてると、羨ましくなっちゃって。

だってアメリカに住んでるとBreweryたくさんあるっていっても

私が住んでいるところからではダウンタウンにあるカフェ1件パブ1件とかで、

今はパブは閉まってるし、

他は車で行く距離で、Takeoutやっているところも限られてたり、やってても営業時間がイレギュラーだったりするしで、

なかなかビール活動できないんですよね。

その友達以外にも日本にいるクラフトビールを愛する人達のインスタを結構フォローしてますが、みんな自粛中でも結構充実したビール活動してて、

いいなーっと。

私も最近は散歩ついでに普段は行かないようなリカーショップに立ち寄ったりして、

飲んだことないビールを買ったりして楽しんでいますが、

自由に色々行けて、そしてお店側も営業再開できるようになったら、

またアメリカ各地、色々ビール屋さんめぐりをしたいと思っています。

そう、家から行けるbreweryに行くっというのは日常レベルのリスト

に分類されるのですが、

大きなプロジェクト?なんていうの、大きなリストとして、

アメリカ中南部横断、ビールをめぐる旅!をしたいなって思ってて。

そのこの前アメリカに来てくれた友達と。

どっかの空港集合にして、そこからレンタカーで色々な街を移動していくの。

楽しそうじゃない?

アメリカも西海岸、東海岸はまあ行く機会があったとしても、

なかなか真ん中のエリアは何かないと行かないなーって思ってて、ちょうどビール好きな友達もいるし、

ロードトリップしながらそんな機会でもなければ行かないような街にいってビール飲むのも楽しいなーって思って。

どう、楽しそうじゃない?

これはね、ぜひ実現したいよね。

はい、思いの外ビールについて語り過ぎたので、別の話。

あと何がしたいかなー、

ちょっと、ほんと日常の小さいことからリストアップしてこ。

そうだね。

えっと、ジムに言ってズンバとヨガを受ける。ですかね。

そう、これコロナの前までは習慣として行ってて、急に行けなくなったからとっても恋しい!

再開を心待ちにしています。

身体を動かすことももちろんだし、やっぱり何かを誰かから習うって楽しいなーって、

できなくなってから改めて思ってるかも。

ズンバもヨガも、やろうと思えば家でもできて、

もうこれからの時代、オンラインクラスとかもどんどん主流になっていくんだろうけど、

私は、誰か一緒に受けてる人がいるから燃えるというか、

スクワットもっと低く頑張ろうとか、ポーズきれいにとってやる!とか、負けず嫌い精神なのか、私の方ができてるわよ的な、誰も比べてないよ…みたいな自意識過剰な面があるのか、

やっぱりジムやスタジオでみんなとやったほうが断然楽しいし、汗かくし、やったぞー!感を感じられるんですよね。

皆さんは家でエクササイズしてますか?

どう?外でやるのと変わらないですか?やっぱりジムとかでやるほうがいいですか?

ズンバ、ヨガもそうだけど、

タップダンスのクラスも行きたいなー。

サンフランシスコの東側、バークレーにあるダンススタジオで、とっても良いタップのクラスを見つけて、

こりゃ月イチ位で通いたいなーって思っていたのにコロナになってしまって、

やっぱりタップ好きだし、誰かから習えるの楽しいって思うので。

タップもね、オンラインクラス、有名なタップダンサーがやったりして、私も受けてみたりしてるけど、

それはそれで、新しいことで今後も色々広がっていくだろうなって期待するけど、

やっぱり同じ空間踏み合ってっていうのがタップの楽しいところでもあるから、

うん、コロナ明けたらね、また行きたいです。

それから小さな幸せでいうと、

やっぱり友達と会いたいですよね。

一緒にランチに行ったりお茶したり、あとは家に集まって持ち寄りのランチ会したり、

家飲みしたり、

他愛もない話をしてゲラゲラ笑ってってやりたいなー。

友達とか、人と時間を過ごすのもだし、

私は結構外で一人時間を過ごすのも好きで、カフェでPC作業したり勉強したり読書したりっていうのが

生活の一部だったので、

それが今できなくなっているのが辛いです〜。

家でもできるんですけどね。

外派なのでー。早くカフェ行けるようになってほしいです。

忘れてはならないのは、Thriftショップに行くことです

Thrift、日本にいる皆さんは聞き慣れない単語かもしれませんが、

要は古着屋さん、といえば響きはいいのですが、中古屋さんですね。

日本でいう、2ndストリートだっけ?なんかそんな名前の中古屋さんなかったですっけ?あとハードオフとか。

アメリカはThriftショップ、中古屋さんがたくさんあって、

洋服から電化製品からキッチン用品から何でもあるんですけど、

私はThriftでちょっと変わった洋服を買ったり、ビンテージの食器を見つけたりっていうのがすごく好きで、

洋服なんて新品で買うなんてことは、もうここ数年してないってほどです。

我が家は基本Thrift頼りで、何でも中古品、新品でなんて買わなくても良くない?っていうスタンスなので、

今、この自粛中にthriftが閉まっているのはすごく痛手だし、

何も無くてもお店を覗くっていうのが日課だったので、寂しいですね。

家から歩いてすぐのところにも1店Tthriftがあって、

まあぶっちゃけ品揃えはそんなに良くないんですが、でも頻繁に覗いていると、時々なにこれーめっちゃ可愛いじゃん!って服がびっくりする程安い価格で売ってたりするので、

侮れないんですよー。

コロナの前だったら、そのお店の前をお通るたびに覗いていたのに、今は毎回前を通っても閉まってるので、

切ないし、つまんないです。

早くThrift行きたいなー。

もう営業再開するころには夏服ですね。

ってか、夏を通り越して秋服を買おうっていう気分なってるかなー。

Thrift行くのも楽しみにしていることの一つです

非日常というか、大きなプラン的なこととしては、

やはりキャンプ〜キャンプに行きたいです。

春ってキャンプシーズンなので、今年どこも行けなかったのが切ない。

近場でもいいから行きたいし、バックパッキングもしたいし、

遠くにキャンプ旅行にも行きたいなー。

我々夫婦の希望的予定としては、今年の夏はお友達が住んでいるモンタナにキャンプ旅行に行きたいなーって思ってて、

モンタナまでいくんだったら、yellow stoneナショナルパークは外せないし、

ネバダの山の中通っていったらキャンプもたくさんできるだろうし、レイクタホとかで一泊してもいいし、

モンタナも自然たくさんだし、

ユタ経由で行くか帰るかすれば私達の大好きなビール屋、uintaがあるし、

って、夢は膨らみます。

コロナもだし、色々な抱えてる問題がクリアになってモンタナ旅行を実現させたいなぁ。

ハイキングはね、結構そのー、友達とかと大人数で行くとか、

ピクニックパーティーをするとかはNGですけど、

私の住んでる周りのハイキングトレイルはOPENしてて、一緒に住んでいる家族とあるく分にはOKです。

アクセスの良い有名なところだと、逆に混んじゃってて、なんかやだなーって思ったりなんかもして。

ちなみに昨日、ハイキングに行こうって朝早くから家を出たんですが、

結構山の上の、舗装されてないガタガタ道をずっと行って、

やっとトレイルヘッドについた!って時に

すごい霧で雨っまで降り出して、

え、みたいな。1時間半くらいかな、かけてそこまで行ったのに、え、みたいな。

少し車の中で待ってたんですが、全然止む気配が無くて。

ま、仕方ないから帰ってきましたよね。

途中通過する街は、おしゃれなレストランとか、カフェとか、あとワインテイスティングとかがある小さな町なんですが、

人はちらほら、おそらく地元の人なんでしょうけどいましたが、

やっぱりガラーンとしてて、寂しかったですね。

そう、ハイキングは今もできるって話しで何を話したかったかっていうと、

私達夫婦、キャンプではない日帰りのハイキングで何を楽しみにしているかって、

もちろんハイキング自体も自然を感じて、評判のトレイル歩いたり、逆に人が全然居ない穴場スポットを見つけるのも好きだし、

自然の中でリフレッシュするのも好きですが、

プラスで行き帰りの道中で新しい発見があったり、さっきも言いましたがカフェや雑貨屋さんに立ち寄ったりっていうのが好きなので、

お店たちが再開して、もっと今よりも人々の行動の制限がゆるくなったら、そういうプラスの楽しみももっと加えていきたいなって思います。

なんか話しててわかったんですが、

ビールの話でもハイキングの話でもそうですけど、やっぱり付加物?ちょっと日本語だめだ、

なんていうの?プラスアルファがあって、もっと楽しめるとかもっと好きになるんだなって改めて実感しいて、

ビールも、ただビールを飲むだけなら家で飲んでればいいけど、

breweryのあの空間に行くことが好きだし、実際に足を運ぶことでもっと興奮するっていうか、より自分を楽しませてるっていうか、

ハイキングもハイキング単体にフォーカスしてもそれはそれで楽しんだけど、

どこのルートを通ってこうかな、とか、

へえ、こんなお店あったんだ、帰りにちょっと寄っていこう。とか、

帰り道に「あ、ビールって書いてある。一杯飲んでいこう」とか、そういうの全部ひっくるめて楽しんでいるんだなって思いました。

前に日本の友達とオンライン飲みをやっていて、

新たな楽しみ方って感じで、これもいいね〜いつでも飲めて顔見て話せていいねーなんて言ってるし、

みーんながどんどん色々なことをやってて、

そのリモート飲みだけではなく、エクササイズのクラスだったり、

もちろん学校の授業もだね、ってかところで日本ってもうオンライン授業になってるの?その辺全然私しらないんですけど。

その他も、今までは

その場に行かないと体験できなかったことがオンラインでできるようになって、

まさに新時代来てるーって感じるし、これからもっと広がっていくんでしょうけど、

その友達とも話していたんですが、

やっぱり直接その場に行くのとオンラインとは違うよねって話しになって、

例えば飲み屋、居酒屋でもバーでもなんでもいいんですけど、

5感すべてを使ってその場にいることを感じているんであって、

それが画面を通してのオンラインだとできないよねっていう。

外からお店の中に入った時の、

一気にざわざわって店内の活気が耳に入ってくる感じとか、

体感温度だって、真夏だとひんやり〜ってしたり、逆に場末のスナックだったらモワッとしてるかも。

友達と飲んでいる最中だって、ひっきりなしに周りからは喋り声が聞こえてきて、

店員さんたちの声、周りに座っている他のグループの談笑、店内にかかっている流行りの曲、

自分が食べてるもの以外のメニューのニオイもして、

隣の人の焼き魚のニオイ、厨房の焼き鳥の匂い、ニオイでいうと、真横を通り過ぎた人の香水くさっとか、

もういい出したらきりがないんですが、そういうこと、

それがオンラインにはなくて、

すべてが良いこと、ポジティブに働いている事ではないと思うんですが、

でも、今、あーなんか物足りないなーって思うのは、

そういうすべての要素が相まって造り出していた、そのー、あれだったなって思います。

私がね、呑むのが好きなんで、どうしても居酒屋で例えてしましましたが、

他のことでもそうですよね。

美術館、博物館とか、特にそうかな、私が思いつくのは。

今有名な美術館・博物館、あとは動物園や、水族館もですけど、

展示物をオンラインで公開したりしていて、

いや、すごく素晴らしいことだと思いますけど、

やっぱり実際に行くって違いますよね。

美術館の、あのちょっと冷っとしたシーン、ツーンっていう雰囲気大好きです。

展示の仕方だって色々工夫されてるしね、

展示物だけではなく、空間全体を楽しんでるって事ですよね。

音楽好き、芝居好きの人とかは、今厳しいですよね。

画面の中で見るアーティスト、役者さんたちはそれはそれでいいでしょうけど、やっぱりあの特殊な空間で観て聞くからいいっていうね。

私も何度も話しているし、もうみんなが言ってるけど、

Beforeコロナに完全に戻るってことは無くて、

今withコロナ、コロナ蔓延中のフェーズ、

afterコロナ、postコロナともいいますね、コロナが終息したあとのフェーズ、どちらも新しい世界で、

色んなことが色んな方向にどんどん変わっていって、

私達もそれに対応順応していかなければならないんですが、

5感で楽しみたいっていう人々の欲求はなくならないし、

前までと同じ形態でそのまま残るものもあれば、前とは形を変えて復活するもの、またはなくなってしまうものも出てくると思いますが、

コロナが落ち着いたらね、絶対楽しいことたくさん戻るし、そして新しく生み出されるものもたくさんあるだろうし、

楽しみですね。

ちょっと話がまとまらなくなってきましたが、

今日はコロナが落ち着いて、shelter in placeが解除されたらやりたいことについてお話してみました。

まあね、5感を使って楽しむことをたくさんやりたいなーと思います。

皆さんはこれをやりたい、ここに行きたいなど何か考えていることありますか、

ぜひ教えて下さい!

my favorite

今日お話する最近私がドハマリしているものはですね、

スマホのゲームです。

ひゃーーーーーーーー

覚えてますか?

コロナの自粛がスタートした当初、3月の終わり位だっけ?4月の頭だっけ?

このポッドキャストでもお話したんですが、

私無性にスマホゲームで何か単純なゲーム、パズル系ね、がやりたくなって、

普段わたし全然ゲームやらないんですけど、とある週末、ずっと金曜日の夜から日曜日までスマホでゲームしていた時があったんですよ。

で、確かポッドキャストでは、もうその週末で飽きるまでやったから、

ゲーム漬けってのはその週末だけで、また普通の日常に戻った的な話をしたと思うんです。

まあ、そうなんですけど、

そのずーっとひたすらゲームしたい!って欲求はおさまったんです。確かに。

で、パズルゲームと、数独的なゲームと2つを熱中して集中してやってたんですが、

数独の方はもうアンインストールしちゃったんですが、

パズルゲームの方は残してたんですよ。

で、実は、そのパズルゲームに引き続きはまっているんですーーー。

たぶん前もお話したんですが、そのゲームは、よくある色を揃えて消していく系のパズルゲームで、

あ、せっかくなんでゲームの名前も紹介したほうがいですね、

Toon Blastっていうくまちゃんのアイコンのゲームなんですが、

けっこう昔からあるやつなのかなー。詳しくは知らないんですが、

これがね、ハマるのよー。

わかんない、なんでハマってるのかわからないけど。

色のブロックをただ消してくだけじゃなくて、まあよくありますがたくさんのブロックを一気に消すと

ドッカーンって大きく周りのブロックも消せたり、

コンボーって感じで全部のブロックを消せたりっていうルールがあったり、

ブロックの他に風船が出てきたり、コンクリートのエリアが出てきたり、

まあ、飽きさせないようになってるんですよ。

いやー、ゲームに時間を使うなんて

って基本的には思っている人間なんですが、今回はハマっておりまして。

でも、何回プレイできるかの、Lifeっていうの?

このゲームでは♡なんですが、それは限られてて、色々な♡を手に入れる方法もあるんですが、

無課金で楽しむには一日にプレイできる回数も限られているわけで、

そこがいいですね。

でも、暇さえあれば、そして♡が残ってさえいればプレイしてます。

こりゃまたね、時間が経つと♡が少しづつ復活するんですよー。

だから、「あー、♡なくなっちゃった」って思っても、4時間後とかにチェックすると♡が溜まってて、

よっしゃーってなって、またプレイするっていうね。

でもね、一見、なんの役にも立たないようなパズルゲームでも、

このコロナパンデミックの状況下で、

勇気づけられる教えを得たというか、改めて実感したことがあるんですが、

それがね、

「止まない雨はない、超えられない壁はない」ってことですよ。

いや、パズルゲームでこんなこと言ってて、ふざけてるの?って思うでしょ?

ほんと、ほんとにそう感じるの。

もう何度うちの旦那さんにこの話をしたことか。

このゲームをやっててもね、

時々ほんとに難しいステージ?面?があって、

2日とかずっと挑戦してても全然クリアできないこととかあるんですよ。

そんな時はこころが折れそうになるんですよ、挫けそうになるんですが、

そこで諦めないで挑戦し続けていると、ある時、ふっとクリアできて、

うおーーーーーーーー

クリアーしたーーーーーーってめっちゃ興奮するんです。

諦めないでプレイし続けてよかったって。

感動じゃないですか。

いやー、ほんと皆さん、

止まない雨はない、超えられない壁はない。ですよ〜

毎日コツコツプレイしてですね、

日によってはたくさんステージをクリアできる日もあれば、スタックしてて1ステージもクリアできない日もあるんですけど、

現在今日の、今現在の時点で1104面をやってます。

すごいでしょ、1000面でしょ。ふふ。

でもどうやら4000面、5000面とかまであるみたいなんで、細々、時間を使いすぎないようにがんばります。

頑張るっってことでもないか。

ぼちぼちやります。

皆さんは何かハマっているスマホゲームありますか?

ちょっとね、やっぱりゲームに時間を取りすぎるのはあんまり好きではないので、1つずつ、

つまりこの今やっているゲームに飽きてやめてしまうか、

その上限5000面をクリアしてからでないと新たなゲームを始める気はありませんが、

ぜひ、おすすめのゲームがあれば教えて下さい!

はい、ということで本日のmy favoriteは、スマホゲームにハマっている。

でした。

58 views

Recent Posts

See All

ep.134/ コロナ自粛Californiaの現在の様子

11月も気づけば第4週。アメリカは今週Thanksgivingですね。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 アメリカではThanksgivingは家族親戚が集まってターキーやらなんやら盛大なパーティーというかね、食事をするっていうのが例年の事だと思うんですけど、 今年はね、少し違いますかね。 やはりコロナの影響があって、近くに住んでいる家族なら集まる方たちも多いでしょうけど、 州を越えて移動しなければ

ep.133/ NATO phoneticコードって知ってる?

そういえば、ついこの前、 うちの甥っ子、私の姉の子供なんですが、大学に無事合格したとの連絡が来ました。 4月から東京で大学生やるんですって。 わー、おめでとう〜。 ってかびっくりなんですけど。甥っ子がもう大学生って、すごくない? 私と私の姉は5歳離れてるんですけど、にしてもね、 普段近くに暮らしてなくて全然会ってないので、つい最近生まれたと思ったら(まあそれは言い過ぎですけど)、もう大学生ですって

ep.132/ Mac vs Windows

まずお知らせがあります。 YouTubeで普段聴いてくださっている方はお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、 この4989のYouTubeチャンネルに、ポッドキャストエピソード以外のビデオをアップしました! 何のビデオかと言いますと、9月に温泉があるキャンプ場に行ったのですが、このポッドキャストでもねエピソード124でお話しました、 その時撮った写真をシェアしています。 え、写真?ビデオじゃ

© 2018 4989 American Life